人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
狂喜
2010年 01月 31日
17日の記事の動画版。
気乗りせぬまま、娘や妻のリクエストで初めて着衣散歩したのだが。。。

きっと、雪を素肌(毛穴?)で感じたかったのだろうと思った次第。




More
by bucmacoto | 2010-01-31 00:09 | particle
大暖気の大寒
2010年 01月 21日



立春

雨水

啓蟄

春分

清明

穀雨

立夏

小満

芒種


夏至

小暑

大暑

立秋

処暑

白露

秋分

寒露

霜降


立冬

小雪

大雪

冬至

小寒






※右はWikipediaのソースより転記

午前2:20の気温が -1.1℃
午前2:30の気温は +3.1℃

わずか10分で4度以上の気温上昇を記録した大寒の日だった。
1月の気温としては、観測史上の最高気温となる 8.8℃を日中に記録したそうだ。

大寒の前日まで12日間を真冬日で推移して、大寒の日に4月並の気温となる。。

予定とか、推定とか、経験則とかって、参考になっても根拠にならない記憶なのだろうか。
by bucmacoto | 2010-01-21 00:48 | wave
winter weekend home city
2010年 01月 21日
今回は、バスを利用して帰札。
隣町通過は9:39(外気温は-10℃) < 山間(やまあい)のここは、この朝まで4日連続で氷点下20℃
凍てつくシバレっぷりを、車窓からパチリ。

c0062295_20145163.jpg

今週はコンベンションセンターへ直行。
先週、1580円の散髪して、手巻き寿司という豪華生活(?)だった。
なので、今週は財布の中に千円札しか残っていない。でも、充分に間に合った。(間に合わせた?)

情報交換会でしっかりと食べる。
旧知の若い方と歓談後、帰りがけに扉の外でやはり旧知のこちらは先輩にお会いし、帰る方向が一緒だったので送っていただいた。 R36のバス路線まで歩くつもりだったのが大変に楽をさせてもらった。

More
by bucmacoto | 2010-01-21 00:00 | particle
一週遅れの正月休暇
2010年 01月 13日
12/23出勤日の代休を半日だけ土曜に充当し、9~11日の3連休を取得した。
世間様に遅れること1週間で、遅まきながらの正月を自宅でくつろいだ。
(12月下旬~1月8日までの間で職場にゆかなかったのは12/28日の1日だけ。 もっとも、元日は職員食堂へ食事に行っただけなのだが 笑)

せっかくのレンタカー帰宅だったので、スキーを持参した。 ちょうど横浜在住の実弟が2週間の休暇で一級に挑戦していた。(先月末に2級をとり、11日に1級合格だった。同日、同期間に来札していた小学生の娘も二級合格)
私のほうは20年以上前に2級を滑って(それもシュテムターンだけのミスで涙)しまいそれっきりなので、兄弟中、私だけが認定なしとなってしまった ^o^;

FFのレンタカーということで登坂能力がばいこともあり、私は近場のスキー場へ。
当初は藻岩山を目指したが満車のため、Ban.K(ばんけい)へ。 ここでも満車寸前に滑り込み駐車だった。 スキー人口が激減しているとはいえ、連休ともなると、土曜日の正午でも混み始めるみたいだ。

c0062295_20544090.jpg

写真のコースはスラロームバーン。 > コース詳細(リンク先案内で拡大表示となっているのはPDF)

スクールの生徒が多いものの、リフト待ち時間は最長でも10分程度。
ロートル化してきた私でも、一気に降りてこられる短距離コースなので、怪我の心配も少ない。
一番東側のイーストAコースは、空いてはいるものの圧雪車整備されていないコースなので、コブ斜面となっておりとても一気には下りられなかった。 (身長150cm未満のちびっ子達がスムーズに滑り降りていたので驚いた ── すでに子供の級は終わって大人の2級も取得して1級を練習中のクラスだったと聞いて納得)

若さだけで滑っていた昔を振り返ると、富良野(北の峰)のフリコ沢とか、テイネハイランドのロープーウエイ下のコースとか、よくぞ下手くそなのにしょっちゅう行っていたものだと自分達の無謀さに感心した。 ひたすら滑るのが楽しかった頃だったから、怖さや恐れの感覚がなかったのだろう。

そういえば、中学2年の正月から、毎年毎年スキー場での年越しをしていたのだったっけ。
友達と3人組みのことが多かった。
国鉄(現JR)と路線バスを乗り継いで、1kmくらいはタクシー代をケチってスキーと靴と荷物を担いで歩いたものだった。

そういや普通の日のことだが、始発の汽車に間に合うようにと、友人の新聞配達の手伝いをしてから駅に急いだこともあったっけ。

あの頃は貧しいから、より一層スキーが楽しかったのかもしれないなぁ。

遅れ正月生活
by bucmacoto | 2010-01-13 22:02 | wave
highway SA
2010年 01月 09日
砂川ハイウエイ・オアシス・サービスエリア(今回のレンタカーはFFなのでよく滑った w)

c0062295_3111812.jpg

サービスエリア(SA)のイルミもあるのですねぇ。

今どきの高速道路の路肩表示ランプ、緑色LEDが並んでいるのを見て21世紀だな~と思いました(笑)
水銀灯・ナトリウムランプ・黄色の反射鏡・・・そういうのって今後の子にとっては過去の風景になるのかも知れません。

あたかも、私たちの世代が、鯨油のランプやガス燈を映画や小説の中でしか知らないみたいに。
by bucmacoto | 2010-01-09 03:18 | wave
DH?
2010年 01月 07日
DHAといえば・・・化粧品や健康食品のイメージだろうか。

それともドコサヘキサエン酸(docosahexaenoic acid)のイメージだろうか。

私はブラインドタッチを覚えたのが25歳を過ぎていたので、早い方とはいえない。
入力スピードは、特打ち という名のゲーム上での話で、最高でも二級程度が上限だった。
(私はローマ字打ちだ。 昔に知っているSEさんは、キータッチが少ないからと、かな入力している猛者がいた。)

入力する際に結構入力しにくいのが、ディスクとかティーカップのような単語で、「でぃ」「てぃ」の入力をする場合に、D-E-X-I とか T-E-L-I のような入力だ。
ところが、今日 Linuxアプリが返す カナ-ローマ字変換文字列で、ディーンという名が 「DHI-N」となっていたのを発見した。
あれ?っと思って、WindowsXPのメモ帳への入力で確かめてみると、IMEでも 「DHI」→「ディ」というローマ字入力が可能なことに気付いた。

どうやら、
DHA → デャ
DHI → ディ
DHU → デュ
DHE → デェ
DHO → デョ
といった入力変換が可能らしい。

これは、T で始めると、「てゃ・てぃ・てゅ・てぇ・てょ」 となる。
Cで始まる、「ちゃ・ち・ちゅ・ちぇ・ちょ 」とよく似た入力方法といえるかも知れない。


一応は、フリップフロップ回路(基本的なロジック回路)から習った身なのではあるが、このような基本的な応用は知らなかったのでした。
(まぁ、小さな 「ぁ・ぃ・ぅ・ぇ・ぉ・っ・ゃ・ゅ・ょ を、xaでもlaでも良いというATOK方式も、当初は本式ではないような扱いだったっけ。。。)



ふと思い出した。 JustSystemの 一太郎開発エピソードは こちら にある。
by bucmacoto | 2010-01-07 00:28 | particle
謹賀新年(2010)
2010年 01月 02日
この9月以降、余裕が減ってきて更新頻度が低下してます。
無理のない範囲で、ぼっちらこっと書き続けると思いますので、今年も気が向きましたらご訪問いただけますと嬉しいです。

c0062295_11425284.jpg

皆様の末永いご健勝を、祈念いたします。

More(近況)
by bucmacoto | 2010-01-02 12:02 | wave
今年の Wikipedia donation
2010年 01月 02日
Wikipedia/Wikimedia は今年の寄付が目標額に到達したらしい。

Appeal/ja - Wikimedia Foundation
Update: As of December 31, 2009, we have reached our campaign goal of 7.5 million USD. Thank you to all who have donated! Your continued donations will support Wikimedia's long-term operations and growth, cover contingencies, and allow us to fund new projects and activities.


自主的で自発的な組織は好むが、他律的で組織的な圧力を好まない私は、Wikipedia や Linux のような太刀位置を応援したいと思わずにはいられない。
いってみれば、夢想主義者≒理想主義者でありたいという意志を捨てきれないのかもしれない。


Wikimedia Foundation は、昨年1/2のプレスリリースで達成を宣言していた。
そして今年は、25%UPの目標額を年内で達成した。 見事だと思う。
 こちらは 昨年同時期の過去記事

inside Wikimedia (Video at YouTube)
by bucmacoto | 2010-01-02 03:14 | particle