人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2009年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
久しぶりにボクシング中継を観た
2009年 11月 30日
世界タイトル初防衛戦が対・亀田大毅、6度目の最終防衛線が対・亀田興毅。
マスコミ情報主導でのそういう試合しか知らなかったのです。 けれど、前世界チャンプが日本タイトルに挑んだこちらの試合、今になって見つけたのですがなかなかに見応えありました。

2004.06/06 日本フライ級タイトルマッチ
by bucmacoto | 2009-11-30 22:02 | wave
冷たくないの?
2009年 11月 26日
昨日は、冬日を脱したかどうか微妙だった。
冷たい霧のような雨が降っていた。 夜更け過ぎに雪へと変わったらしく、朝は一面が白くて氷結気味なので自転車通勤を諦めたほどだ。

そんな季節なのに、午後8時の閉館時間直前の図書館前で、私の自転車の横で足を投げ出してノートPCを操作している女性がいた。 私の視線に気付いた彼女は、『こんにち』と流暢な日本語のアクセントで挨拶をしてきた。
『ここ、邪魔ですか?』 そう尋ねられ、「いえいえぜんぜん」 と答えた直後に疑問が口を突いた。

「寒くありませんか?」

薄着ではないものの、膝上にあるラップトップ状態のPCの温もりはあるであろうものの、彼女のいでたちは真冬の格好とまでいえるほどは着込んでおらず、秋の衣装に過ぎなかったから。

『大丈夫。です。』

軽い微笑でそう返事をされ、「気をつけて」と別れた。


図書館隣の公園を、もうシーズンオフのために板で閉鎖された噴水の池の横を、自転車押して通過した。 そこには、透明なビニールに暖色系のプリントがあるだけの小さな傘を抱えながら、別の女性が画面に向かっていた。

おそらく、教育委員会の無線LANがパスワード制御されておらず、ただ乗り(free ride)状態なのだろうと思った。 図書館の中では、自分のPCを扱うと注意をされるのかもしれない。 廊下で座り込んでいたら、守衛に注意を受けるから屋外で電波を拾っているのかもしれない。 そう思った。


米国Newsグループ総帥のマードック氏が、Googleは紙面情報を盗んでいると苦言を呈して、Microsoftと提携すると発表した新聞記事を見たあとだった。

彼女たちは電波を盗んでいるということも出来るだろう。

しかし日本人の我々は、就労ビザを与えないで【留学生】という名目で、最低賃金にも満たないお小遣い(手当てor奨学資金)で労働を搾取しているのだとも言えまいか?


ネットの常時接続なんて当たり前のように思っているけれど、毎月5~6千円かかるなら年間では6~7万円の固定的出費になるわけで・・・毎年、ネットブックなノートPC1台くらいなら楽に購入できる金額になる計算だ。

彼女たちは、たくましくて賢いのだろう。

冷たい底冷えにも雨にも負けないくらいに。
by bucmacoto | 2009-11-26 21:50 | wave
自然 = 偶然 + 必然
2009年 11月 26日
written from 2009.11/24
post at 2009.11/26

時間軸、それは反転すると、意味が変わってしまう性質があるように見える。

現在から過去を振り返るとき、過去は歴史であり記憶であり残像である。
記憶は過去しか有さない。 未来の記憶があるなら、預言者と呼ばれることになるだろう。

未来から現在を振り返ったなら、現在は歴史であり記憶であり残像でしかなくなるのだろうか。
もしも未来に現在の片鱗がほとんど残らないならば、その答えは Yes となる。
一方で、現在が色濃く未来に残っていたなら、その問いは No であることだろう。

時間は常に未来へ向かい進み、記憶は常に過去に向かってしか検索できない。

まぁ、未来とも過去ともつかない混沌さというのもあるわけだが、それは夢と呼ばれるものだろう。


という繰り返してきた問いを、今回借りてきた日経サイエンスで思い出していた。

 > 特集:量子力学の実像に迫る 存在確率マイナス1 天才アハラノフの予言
 > 特集:量子力学の実像に迫る 宇宙の未来が決める現在


系(システム)を考えたり設計するときに、効率を考える。
「必ずこうなる」「必然の連鎖」というものに従い、「予期と制御が可能」と見做される場合に、効率はよいとされる。
(この意味で、「規格外」とか「多様性」は安全弁であっても、無駄で非効率なものとされやすい)

ところが生物進化の道筋は、ランダム(でたらめ・乱雑さ)な変異の中から「環境に適した遺伝子が淘汰を潜り抜けて生き延びる」とみる。 一定のでたらめさが環境への適応と主の保全に役立つのだというわけだ。

律儀に生まれた川へと(ほぼ)100%の確率で帰るのが、サケ(白鮭)
生まれた川に限らず、帰る川にゆらぎがあってお隣の川へも遡上するのが、マス(カラフト鱒)
そのため、例えば鉱毒汚染されたりするとサケは皆無となるのに、閉山後に速やかに回復するのはマスの特徴だという。 すなわち、環境の変化に強い+適応力があるということになる。
(DNA解析では、サケのほうがマスより古い起源であるらしい。 そういえば、カメとか、古くから生き延びてきた生物種って頑固そうではあるな。)
孵化してからしばらく母川で育ち、それから(春になってから)川を下り海へと向かうのが、サケ
孵化してほどなく海へと流れてゆき、2年間の海洋生活で川へ向かうのがマス(サケは4年)
。。。ってウンチクは、先月に知ったばかりのこと。

今回の日経サイエンス記事で、古い種であるサケはきっちりと必然を踏襲し、より新しく適応力のあるマスはばらつきや偶然でゆらいで生殖地を定める。 そんな想像をしてしまったわけだ。


出会いも別れも、偶然に彩られた必然。
未来に影響を与えて残された偶然は、運命。
未来に何も残せなかった必然は、それもまた運命(さだめ)。


偶然に意味を見出すのも、偶然を演出しようとするのも、どちらも人間の ── というか、おそらく記憶とシミュレーション能力ある生命体の ── 性(サガ)なのだろうと思う。


最後の一葉 - Wikipedia

The Last Leaf
by bucmacoto | 2009-11-26 19:08 | quote/data
のろのろ起動のPC・・・解決
2009年 11月 24日
このところWindowsの起動時にやたら時間がかかっていたPC。。。

結論を先に書いてしまえば、ルーター(NTT Web caster V120)を再起動させることで、完全復旧した。


今日の帰室後に、いつものようにPCをリモコンでONにしたら、Windows起動時のファンファーレが鳴ったので、コールドブート(シャットダウン状態からの起動)であることに気付いた。 急いでLANケーブルを抜いたが、時間のかかる状態に入っていたので ctrl + Shift * ESC でexplorerプロセスを落とした。 その時に、ルーターの再起動をやっておかないとと思って直前まで準備していながら、実行し損ねていることに気付いた。

ルーターの再起動して、PC再起動してみると。。あらま、2分で起動してデスクトップアイコン表示まで辿り着いた。

やれやれ、のろのろFirefox現象、ローカルエリアネットワーク接続の修復不能現象、Windows起動に時間がかかる(デスクトップアイコンが出るまで待たされる)現象の全てがやっと解決したわけだ。 < 時間かかったねぇ ^^;

再度シャットダウンして、ストップウォッチ計測すると。。。

  1. 電源投入から、ブート開始まで:20秒
    BIOS起動選択や CDブートのチェック、press F10 to recoverを過ぎるまで

  2. ブートストラップローダーが起動シーケンスを開始し、ようこそファンファーレまで:55秒(通算75秒)

  3. 壁紙表示:20秒(通算95秒)

  4. 壁紙表示~デスクトップアイコン表示:40秒(通算135秒)

以上が、使用開始から5年4ヶ月、SP2もSP3もあててきたWindowsXpの起動時間である。

(システムのプロパティ表示)
by bucmacoto | 2009-11-24 18:41 | particle
絵日記録 20091121-23
2009年 11月 24日
2.5連休の初日、出勤時の空。

c0062295_22474864.jpg

退勤は14:20頃。 図書館へ直行し新聞を見る。

日経新聞のスタンスはほぼ常に支持してきたものの、昨今の社説・論調は民主党に対してかなり辛辣な傾向を感じている。

最低賃金の全国一律800円という施策目標について、
「そんなに『一律』であることがいいのか?」
という論があったことに少し違和感を感じた。

一律であること ⇔ 多様であること
この両者はどちらも絶対的な社会正義とはなりえないことは、新聞という立場では熟知しているはずだ。
一律であろうとするあまりに現実の地域性を押し殺したりする愚もあれば、均一性が平等感を醸成し被抑圧感を軽減する善き面もある。 多様性も、よい面と悪い面がある。(封建制なんてのは多様性を絶対的に肯定して成立する制度だ)

こども手当てについて、「所得制限が妥当」と書いているが、そのような「きめ細かさ」が結局は事務効率を低下させ中間作業のコスト高を生んできたのではなかったのか?
(理想的な無駄な経費を生まないには、高所得者の自主的辞退が望ましい・・・けど夢想論かぁ)

日経がこんなに強く民主党の施策に、それも政権発足直後から異を唱えることにちょっと馴染めない感覚がある。

「人口減少時代に1000万人規模の移民受け入れ」論を掲げている日経の立場からは、日本が高コスト体質(高賃金・低効率・社会保証漬け)となるような ── かつての英国病といえばいいだろうか ── リスクを内包していることに敏感とならざるを得ないのかもしれない。。。にしても。
ちょっとこのところの日経の反応は、私の抱いてきた日経クオリティとは異質な気がしてる。


最低賃金が全国で最安値の青森県で、学生時代のバイト料は、
 ジャズ(風)喫茶:350円(食事つき)
 スナック:500円
 深夜喫茶:300円(スナック閉店時間後の継続分)
であった。

地域が異なれば、物価も生活水準も違う。 ということは正しい現状認識だとは思うのだが、そのことで 「同じ働きであろうとも値段が違って当たり前」とまではいえない気がする。
せいぜい、「違っても仕方がない」という程度の論調が妥当ではないかと、私は思うのだ。

more
by bucmacoto | 2009-11-24 00:09 | wave
ARPキャッシュの消去・・・・解決
2009年 11月 23日
札幌から戻り、Windowsの更新だったかApple関係(iTunesとSafari)だったか忘れたが、インストール後の再起動で起動時に時間がかかる現象(先日の記事)が再発した。
しかも今回はより重症 = 放置していると30分とかかかりそう
(せっかちなので、ctrl+shift+ESCでタスクマネージャを出し、プロセスタブで explorer.exe を切る。 その上で ファイル - 新しいタスクの実行 から、explorer を起動、これで逃げていた)

microsoftのFAQ Windows XP の起動に時間がかかる は役に立たなかった。


今日の日曜は休みなので、ほぼ半日の間、デフラグしたりHDDエラーチェックしたりした。 けれども復活せず。(スキャンディスクで発見のバッドクラスタは、9個あった)


このとんでもなく起動に時間のかかる件は、LANケーブルを抜いて起動すると生じないことから、LANか絡みだとにらんだ。


デバイスマネージャー上でハードウエアプロファイルのコピーをとり、二重化。 その上でLANカードのドライバを削除(こうすれば元の設定が残るかも・・・と思った)。 けれど、そのような仕様でないことは、再起動でコピーであるLANカード削除前のプロファイルを指定してみてわかった。 つまり、LANカード削除状態で自動認識(Plug&Play)されたことから、バックアップとしての役目は果たしていないことに気付かされた。

さらに元のプロファイルに切り替えると、ブルースクリーンまで食らった(苦笑)
自動復帰後に生成のエラーレポートではデバイスドライバーの不都合を示唆していた。
(表示された画面の図はmore欄に)


こちら = 北の夢想科学小説:備忘Log で書いて未解決だったままの件を先ず解決したくなった。
google検索で個人ブログにあったこちら(ネイティブワン@BLOG: ARPキャッシュの消去が出来ない)の情報で、ARPキャッシュの問題(そしてローカルエリアネットワークの「修復」できるようにならない件)は、解決された。 参考図はmore欄に。
※ 私の環境ではコマンドプロンプトからのARPコマンドは発行できた点は異なるものの、解決策は同一。


そして、レジストリエディタで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dnscache\Parameters を掃除し、これでどうだと再起動させてみたら・・・シャットダウンできないで電源ボタン長押しする羽目に。(きゅうーという音までスピーカーから流れてくるし・・・クラッシュ兆候かと怖っ)

USB絡んでいるかと、PC背面のUSBハブ端子と外付けDVD端子の位置を交換してみたりしたのだが・・・

起動に4分ほどかかる(ようこそ まで約1分 ファンファーレが鳴ってからが早くて1分、長い場合では4分ほど)状況に留まっています。。orz...
(予めLANケーブルを抜く、それか、ネットワーク接続のローカルエリア接続を無効とし 起動後に有効とする。 そうすると2分以下となることは確かめたのですが・・)


スマートな方法で、何とかならないものですかねぇ。。

つうか・・・ひょっとしたらハード的にもう限界も近いのですよね。
へっぽこな私にはちょうどよいくらい・・・に(苦笑)

more
by bucmacoto | 2009-11-23 03:20 | particle
操作・動作・名前
2009年 11月 22日
動作が名前を生む場合 と 名前が動作を生む場合とがある。

なんてことをこちら(気になり過ぎて)の記事で書いてある

 × プレゼンテーター

 ○ プレゼンター

の記事を見て思った。 < そういう発想とはあまり関係深くなさそうなことは ↑紹介記事のコメント欄で書いてもらえた


日本語は名詞と動詞の区別が曖昧なのか厳密なのか判然としない。

ほとんどの名詞に ~する とつけると動詞化できるが、日記は「つける」ものであっても、日記するとは言いにくい。 でも、電子日記であるブログとなると、ブログをつける人 / ブログする人 のどちらも成立してしまう。
おそらく、外来語となると、動詞ではなく無条件に名詞として脳内に位置づけられるのではないかと思う。

 シミュレート(動詞),シミュレーション(名詞)

 シミュレートする < OK
 シミュレーションする < こちらもOK


私は英語力がない。 ところが本の虫だった時代が長かったから、カタカナ語はいっぱい使う。
そしてそのことで、一度ならず注意を受けた。 英語混じりに話すのは【いい感じがしない】のだと。
そういうセンス(感覚)からすると、外来語の言い換えを国家組織のHPで奨励するのも是であるのだろう。

 独立行政法人 国立国語研究所>提案した語の一覧(第1回~第4回 総集編)


(英語力がからきしだけど)私個人としては、原音表記にこだわるくらいならアルファベット(ラテン文字)表記を併用するほうがまだましだと思う。 けれどこれでは、英語だけを特別使いすることになるのかなぁ。。。
 実用的には、特にPC上の情報表記としては、一番ラテン文字が無難だと思うのですけどね ^^


なんだか題字(タイトル)と離れてきた。 戻すとしよう。

モノ と コト、ふたつを合わせて物事(ものごと)という。

 モノを示す言葉は、名詞。
 コトを記述するには、動詞。

名詞は対象を示す。
動詞は動作・振る舞いを示す。
そして操作は、変化と関係する。
 ・変化のない操作(等価な変換)を、処理と呼ぶのは自明 < 前提的な定義(=手抜きな暴論だ)


外来語(日本語話者の脳内認識としては名詞となって扱われる)を多用することに対して、操作的だとか作為を感じる(いわゆる ケムに巻く というやつ)って感じる人もいるのは、そうした操作や作為(広義のうそ)を警戒するからかもしれない。


つうか・・・きっと(英語・カタカナ語混じりの)話者は、正確に・知っているままに、話しているだけなんだろうと思った。

手短に 本論
by bucmacoto | 2009-11-22 18:31 |   retro/post
初真冬日 (・・・ならず)
2009年 11月 20日
以下の記事を書き上げた後に、10分間隔の計測結果によると 0.1℃ の最高気温が記録されている事実を知りました。
したがって、今シーズンの真冬日は、もうしばらく先送りとなりそうです。
(この先一週間は、気温が高目で推移するとの予報です)



予報って、「予め報じる」と 読み下すとわけのわからない成句となりますけれど、「予測報道」の省略形だと考えるとなるほどというかんじになりますね。


post at 2009.11/20
last edit at 2009.11/21


c0062295_2013455.gif

c0062295_19261983.gif退勤時刻には、日暮れてすっかり暗くなってしまう季節です。

昨日は自転車でスライドも、上り坂の立ち漕ぎでの後輪スリップも経験しました。
今日は、安全策で徒歩通勤としておりました。
日暮れたうっすらとした雪道で、すれ違う少女が耳あてして、ウールのピーコートに身を包みながら自転車を押しておりました。


日没が15時55分の今日は、日の長さが伸び始める冬至の日まであとひと月です。

 ※ 12/22(火)が冬至だそうです > 国立天文台 暦計算室

以前は素朴に、冬至が一番日が短いと思っておりました。
検証してみると朝夕では、違うのです。

緯度:44.xxx 経度:143.xxx 標高: 0.0 標準時:9
日付
方位
南中時
高度
入り
方位
年月日
時:分
時:分
時:分

2009/12/06
6:47
121.3
11:18
23.2
15:48
238.6

2009/12/07
6:48
121.5
11:18
23.1
15:47
238.4

2009/12/08
6:49
121.7
11:18
23.0
15:47
238.3

2009/12/09
6:50
121.8
11:19
22.9
15:47
238.1

2009/12/10
6:51
122.0
11:19
22.8
15:47
238.0

2009/12/11
6:52
122.1
11:20
22.7
15:47
237.8

2009/12/12
6:53
122.2
11:20
22.6
15:47
237.7

2009/12/13
6:54
122.3
11:21
22.5
15:48
237.6

2009/12/14
6:54
122.4
11:21
22.5
15:48
237.5

2009/12/15
6:55
122.5
11:22
22.4
15:48
237.4

2009/12/16
6:56
122.6
11:22
22.4
15:48
237.4

2009/12/17
6:57
122.7
11:23
22.3
15:48
237.3

2009/12/18
6:57
122.7
11:23
22.3
15:49
237.3

2009/12/19
6:58
122.8
11:24
22.3
15:49
237.2

2009/12/20
6:59
122.8
11:24
22.3
15:50
237.2

2009/12/21
6:59
122.8
11:25
22.2
15:50
237.2

2009/12/22
7:00
122.8
11:25
22.2
15:51
237.2

2009/12/23
7:00
122.8
11:26
22.3
15:51
237.2

2009/12/24
7:00
122.8
11:26
22.3
15:52
237.2

2009/12/25
7:01
122.7
11:27
22.3
15:52
237.3

2009/12/26
7:01
122.7
11:27
22.3
15:53
237.3

2009/12/27
7:02
122.6
11:28
22.4
15:54
237.4

2009/12/28
7:02
122.6
11:28
22.4
15:54
237.5

2009/12/29
7:02
122.5
11:29
22.5
15:55
237.5

2009/12/30
7:02
122.4
11:29
22.5
15:56
237.6

2009/12/31
7:02
122.3
11:29
22.6
15:57
237.7

2010/01/01
7:02
122.2
11:30
22.7
15:58
237.9

2010/01/02
7:02
122.1
11:30
22.7
15:58
238.0

2010/01/03
7:02
121.9
11:31
22.8
15:59
238.1

2010/01/04
7:02
121.8
11:31
22.9
16:00
238.3

2010/01/05
7:02
121.6
11:32
23.0
16:01
238.4

2010/01/06
7:02
121.4
11:32
23.2
16:02
238.6

2010/01/07
7:02
121.3
11:33
23.3
16:03
238.8

2010/01/08
7:02
121.1
11:33
23.4
16:04
239.0

2010/01/09
7:02
120.9
11:34
23.5
16:06
239.2

2010/01/10
7:01
120.6
11:34
23.7
16:07
239.4



日中時間が最短の8時間51分なのは、12/19~25の期間。

けれども、それよりも早い時期の 12/9 頃に、足早に太陽は沈んでゆきます。
そして、太陽が遅くまで寝坊するのは 1/2 頃になるのです。

太陽の高度と方位は、冬至の頃にぴったり一致してるんですのにね。


天空といえば、古代より神の居住まいと見なされ、精緻なものとされてきたのですが。。。


ビミョーに不対称な運行なことに、ちょこっと安心(笑) < 神も自然の摂理も案外にでこぼこで

ぼやき ^^;
by bucmacoto | 2009-11-20 22:19 | wave
cold stars
2009年 11月 18日
コールを受けた仕事の帰り、下宿の脱衣所兼洗濯室に灯りがあった。
急いで戻っても浴室は使えそうもないので、水溜りが凍る冷たい風の中ではあるけれど、星空を見上げる気になった。 (今朝のしし座流星群は小雪舞う曇り空で見る事ができなかった)

冬空のシンボルともいえるオリオンが、南東の空にすっかり上がっていた。
スバルの星々だろうか、天頂高くに集っていた。
吐息は白く、たなびいた。

交通安全の黄色い旗は、はためいた。

冷たい夜空は、晴れ渡るといっそう寒いのに
どうしてか煌めくほどの美しさを見せてくれる。


こんな夜は、望遠鏡のような大口径レンズと、デジ一眼のカメラが欲しくなってしまうのだ。

こちらは歌謡詞のパッチワーク(詩もどき)
by bucmacoto | 2009-11-18 22:37 | wave
絵日記録 20091114-15
2009年 11月 16日
土曜日は Wiiをしにゆくことが目的の末娘と連れ立って、再び両親の居るマンションに。
この日の訪問目的は、照明器具を2セットと、HDD/DVD/BDレコーダーの購入だった。

義弟がマンション入居祝い(とはいっても、実家をまだ離れるつもりのない両親は、今は月に幾度か訪問する程度)に贈ってくれたテレビがSony製だったために、同じメーカーがよいだろうということで予めネットで 価格.com - SONY BDZ-RS10 価格比較 の最安値5万6900円を確かめておく。 (HDDのみの機種SONY BRX-A320も薦めたがNG)

窓から看板が見えるほどに近所の量販店に行くと、本日特価で7万3800円’(5年保障)。
久しぶりにiモードを使い、bicカメラに聞くと8万3千円という。
そこで照明器具で78ワットのものと70ワットのもの(どちらも特価品で1つは展示品)を抱き合わせで交渉し、特価は限界価格というのを2千円ほど値引いてもらう(DVDメディアは5枚つけてもらい、78Wエコ照明は6480円をキリ良くしてもらえた)。

両親が伯父と食事に出掛けている間に、設置を済ませる。
末娘の遊んでいたWiiの似顔絵の様子を、TVの入力1経由で試し録画した。


末娘には、今年の夏頃からローファーを買う約束だったがもうブーツの季節。
しまむらでの服でいいとのことだったが、気に入ったものがなく、そのまま移動し西友850円ジーンズのブーツカットと、イオン(ジャスコ)で上着を購入。
自宅に戻り今度は受験生の息子と一緒に、再度の西友ジーンズを購入に走る。
色にこだわりがあるという理由で、14xx円のモデルに。 裾上げ料367円ナリ。
(帰宅するとこのネタ = 末娘は裾上げ要らない股下72cm 兄は72.5cmまで裾上げ = で嬌声を浴びる < 妻には言うなっていったのに・・・むぅ)


この日は時間がなく、夕飯づくりは免除され食べることに専念した。

more
by bucmacoto | 2009-11-16 20:50 | wave