人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
雪明けまぢかの夕暮れ
2009年 03月 27日
もう自転車で走り回れるし、道路のほとんどの部分はドライとなった。
それでも、仕事帰りに職場裏手の山に自転車で登るのは夏至~真夏でないと日没には間に合わない。
 海抜330mほどの低い山ではあるけれど、車路の傾斜は8~8.5%ある。 ほぼ山頂付近までこの勢いで自転車押しながら登り続けるのはかなりきついのだ。

今日、レンタカーを借りた。
予定では本日20:00~明後日の20:00までのはずだった。(割引により2日間で1万500円)
特別に職場まで届けてくれたのは嬉しかったが、ハッチバック指定だったのに、セダンがきた。
 1300ccクラス価格で1500ccに無償グレードアップなのはよいが、これでは学習机(かつて、私の弟が小学生の頃に使い、私の末娘が6年使い、今度はその親の私がこれから使おうというのだ = 30年前の品)が入れられない運べない!
そこで、急遽(軽なら用意できるというので)、グレードダウンして軽を借りた。 返却は月曜でいい(お値段は2日のまま据え置き)という。 ただし、グレードダウンしても価格は同じという。 これは関連社員価格を適用してもらっているので、一日5千円以下の価格にはならないのだそうだ(^^;)

せっかく車が手元にあるのだからと、夕暮れを撮りにいった。

c0062295_21141711.jpg


More
by bucmacoto | 2009-03-27 21:21 | wave
あまのじゃくと皮肉屋
2009年 03月 25日
ほめられたら不機嫌になる、
そんなあまのじゃくがおりました。
あまのじゃくは天邪鬼とも書くのです。
天とは地ではないところ、邪とは本当と反対なこと、鬼とは怪獣のことです。
よそいきの仮面をかなぐり捨てた様子を、地が出たなどと申します。
地ではないところにおおわれて、本当のことに反対する、
天邪鬼とはそういうモンスターのことでしょうか。
親の顔が見たいなどと呆れた子に投げつける決まり文句で、
本当にモンスターペアレントがでてきそうな気もいたします。

けれども、本当のあまのじゃくは、実のところたいへんなくすぐったがり屋さんなのですよ。

くすぐったがる子をしつこくくすぐると涙を流して笑いこけ、
しまいに怒り出してしまったとういう経験はありませんか?
感度が高すぎて笑いすぎるのを抑えるために、
あまのじゃくは苦労しているのです。
ほめられてうれしくて頬が緩んで締まらなくて、
そんな自分が恥ずかしくて照れくさくて、
怒ったような顔をしているだけなのです。

あまのじゃくと皮肉屋は、たいそう似ております。
どちらも優しくされると、素っ気ない。
どちらもほめて上げても、喜ばない。
自嘲と傲慢と落ち込みと瞬発力と飽きっぽさでできています。
けれどもくすぐりに対する反応はちょっとだけ違うのです。
あまのじゃくはくすぐられると身をよじります。
皮肉屋はくすぐられるとことばをひねります。
え?
やっぱり違いがわからない?
簡単ですよ、
身をよじっているときの横隔膜はひくひくしています。 これはあまのじゃく。
ことばをひねっている時は鼻腔がひくひくしています。 こちら皮肉屋。

でももしかしたら、赤オニは天邪鬼で、青鬼は皮肉屋だって覚えてしまうのも、
簡単な割り切り方かもしれません。
by bucmacoto | 2009-03-25 00:04 | duality
350°快晴に舞う雪
2009年 03月 24日
ちいさな儚い妖精くん
きみは僕の目の前に舞い降りた

仕事から解放されたそのときに
赤黒く錆びた自転車の開錠の瞬間に
ふわりふわりと舞い降りた

頭上のどこにも雲は見えなくて
ぐるりと首をまわしても
きみの母雲は影もない

日中の暖かさが翳ったので
にしのやまかげから山越えしたか
夕暮れの冷たい風に乗り込んだのか

広がる春空その快晴度は350°
海の彼方の水平線まで晴れ上がり
北の果ての北極星まで雲はない

独りできたかなごりの雪
友といっしょか冬の余波
いずこから漂いいずるか

全天のほんの隅に霧のよう
あれはきみの仲間たちか
かき消えそうな霧の雲
あそこに見えるがふるさとか


c0062295_20491381.jpg

by bucmacoto | 2009-03-24 20:51 | wave
足早に春
2009年 03月 22日
東京の靖国神社で開花宣言がなされたという。

北海道も北部になると、こいのぼりが泳ぎ終えてから(春のGWが終わってから)、こぶし・桜・梅が咲き始める。

私が、学生時代を過ごしたA県では、GW直前~前半が桜の見ごろだった。
そして、大学の新入生が、城のお堀で泳ぐ(突き落とされるともいうな・・・)季節だった。

360度パノラマが見られる > 青森パノラマ観光 - 弘前公園 日本最古のソメイヨシノ
(飛び先の画像クリックで、パノラマヴュー窓が開きます。
 単調格子柄 → モノクロ → カラーと徐々に描出されます。)


・・・うん。。。前半で学生時代の根城を伏せた意味が全くなかったわい(笑)

それにしても、日本最古のソメイヨシノだなんて初めて知ったよなぁ(これってほんとけ?)

   追記 > ソメイヨシノの誤解
by bucmacoto | 2009-03-22 00:11 | quote/data
good-bye good vibe
2009年 03月 21日
統廃合のため、今春の卒業生を最後に閉校する高校吹奏楽部のさよならコンサート。

c0062295_2237756.jpg


c0062295_2238310.jpg


前回鑑賞はまだ1~3年そろい踏みでの定期演奏会でした > 定期演奏会(20060826絵日記)

今回は、3部制・総入れ替えでの演奏。。。どうやら、遠くは四国・東京方面からもこの演奏会のためにOB・OGたちが駆けつけたようなのです。
中には、卒業以来楽器を触っていなかった方などもいらっしゃると言っていましたが、なんのなんの素晴らしい演奏っぷりでした ♪

それもそのはず、この高校の吹奏楽部は私が生まれる前(というか、私の母が20歳の小娘だった年)という昔ににPTAの方々が持ち寄った楽器で始めた、いわばPTA直属の部活動に源流がある楽団なのでした。 腕前は、かつて2年連続で全国大会へ管のアンサブル(5重奏とか4重奏)が出場したほどだといいます。
そしてなにより、マイクを通さずとも充分な音量を感じさせてくれる大編成+中規模会場(座席数1000以下)なのが迫力の源でしょう。
思えば、生の音ってのはどんなに優れたオーディオシステムも敵わない迫り方をしてきますもんね。 管楽器・打楽器・弦楽器であれば特にそう。(声は生とオーディオの差が小さい)


二年連続で全国に行った奏者のインタビューで、「朝6時から始業時間までの2時間、そして昼休み、そして放課後は毎日9時くらいまで・・・ですから毎日7時間くらいは練習していたと思います」、こう答えていたのが印象的でした。 さすが全国レベルはすごいのね・・ (それでも二年目は北海道の出場枠が2校に増えたという幸運のおかげだ と発言してましたね)

聞き覚えのある曲も多かった(ピンクレディーやら松本零士アニメメドレーやら w)ですが、全楽団員の最高人気曲が アフリカンシンフォニー(by Van McCoy, arr. Naohiro Iwai)だったそう。

私も初耳でしたが、とても気に入りました ♪ > YouTube - アフリカンシンフォニー

More
by bucmacoto | 2009-03-21 23:54 | particle
空からの記録
2009年 03月 20日
気温が下がり続けた春分の日だった。
c0062295_20245110.gif


空からの画像(気象衛星)
by bucmacoto | 2009-03-20 20:45 | particle
NHKおんでまんど
2009年 03月 20日
以前にこちらの記事=「ニセモノの良心 : NHKオンデマンド」で、NHKがネット配信を始めたと知った。

実は、(大きな声ではいえないのだが)NHKの受信料というものは、実家では払っていたものの自分の所帯では子育て期の期間にしか支払いをしてこなかった。
 ※ 「中道とは何か」などの著者・本多勝一氏のNHK受信料不払い論に感化されていた。

さすがに、NHK-ETV(NHK教育テレビ)「おかあさんといっしょ」やら「忍たま乱太郎」やらでTVにNHKが常駐しているような時期には、見ていないとも思えないし言えないのでその間は受信料を納めた。

そのような私だが、実はティーンエイジ初期の頃はNHK信者だった。
 (飛びっぱ)> 北の夢想科学小説 : 70年代われらの世界 ~ 青い地球は誰のもの
 基礎英語、続・基礎英語のテキストのみならずカセットテープセット(確か当時の小遣いには痛い3万6千円だったと記憶している)も買い込んだ。

そして放送大学コンテンツをケーブルTV便乗で無料視聴していた時期に、改めてNHK番組の精度やクオリティに今一度の信頼感をもてるようになっていた。
 奇を衒った鮮やかさや、過剰な修飾詞にまみれてはいない事が好感を持てるようになった理由だ。


人生の周期は、還暦という言葉に従うなら60年、信長が舞ったといわれる敦盛(人生わずか50年…)では半世紀になるという。
世代を残すという意味では30年がひとつの周期だろうし、あるいは年号の移り変わりが時代となるだろう。


NHKオンデマンドのサイト(https://www.nhk-ondemand.jp/)覗いてみると 、もうすぐ終了 と銘打たれていたので衝動買いしてしまった。(たははっ; w)

NHKオンデマンドで最も売れ筋、一押しの3番組から、なかでも良く見ていただいている2本ずつをノミネート。人気番組はやっぱり見ごたえあり!お得なパックでどうぞ。
   視聴期間:購入後14日0時間
   購入期限:2009年3月19日
   この番組の購入価格:1260円(税込)


一話(単品)だと315円(税込)の売れ筋を6本パックにして ⇒ 1260円 (安いのか?

まあ、昔の友人に大戦ヲタク(旧日本軍大好きっ子)がいたのに自分はその分野が苦手だったので、日本海海戦をテーマにした 「その時歴史が動いた~日本海海戦の真実~(file001)」はけっこう興味深かった。

信長の桶狭間の戦いでは、(少年少女文学全集とかで)窪地に休む今川勢を奇襲したと思っていたが、実は小高い山の上に攻め上ったことも今回初めて知った。
信長が最大の功労者として殊勲したのは、今川本隊の情報をもたらした者であった。 これは当時の常識(一番槍や大将の首を挙げたものに褒美)とは異なる、いわば情報の重要性を示した現代風のセンスを信長が有していたためという。
密偵の多用、情報操作(誤認誘導や証拠捏造)、そうした家康の得意な策略上手は信長の時代にみられたものらしい。 策を水面下の決心で実行 する果断さは、独断専行の印象なれど、小国が大国と渡り合うには不可欠だったようだ。

「プロフェッショナル ~経営者・星野佳路~」では、幹部従業員に総スカンを食った御曹司が【決めるのは社長でなく社員】と思えるようになって、初めて現場のモチベーションを鼓舞できたという話になるほど >星野リゾート

史上最強棋士の一人である羽生善治。。こちらは奥様の畠田理恵が好みなので心情的に応援してる。


「プロジェクトX 挑戦者たち 黒四ダム ~断崖絶壁の難工事~」で、かつて教科書にも載ったクロヨンの物語の細部を知った。
 初年度の工事のための越冬隊に乞われ参加した28歳の新婚医師は、5ヶ月の越冬中に妻の肺浸潤の病気と妊娠の中断を知りながら診療の場を離れずに踏みとどまった。 下山する者に託した妻への手土産は、握手という「ぬくもり」。 その「ぬくもり」を失うまいと右手をどこにも触れないようにして医師の奥さんのもとへと工事現場の作業員は運んだという。
 阪神圏の電源開発のために7年間の工期で171名もの犠牲者を生んだ。
 さしずめ現代なら環境破壊と人命軽視という指弾を受けそうな話である。 しかしかつて、いわゆる巨大プロジェクトが輝いてみえた時代もあったのだ。(この両極の対立と溝が埋まらない現象は、原発などの電源開発で現代も継続している)
いま、黒部への観光客は年間100万人に達するという。 かつて3000メートル級の立山・北アルプスへとブルドーザーで登った作業員の食事は、そぼろ昆布のおにぎりだけだったという。
命を賭けた工事、それは最前線でそれを指揮する総監督が夜明け前から現場を確認する姿が皆に伝播してなされたものだったらしい。

そういえば、日本海海戦の東郷の人気が洋の東西を問わずに高いのは、敵前でほとんど無防備ともいえるほど危険な取舵160度の転回中に、一歩も砲撃に曝されそうな艦橋から動かなかったことという。 (関係ないけど酉の方角=9時方向だからとり舵なのですね)


そして、最後に紹介の1番組。
これはかつて「夢の」新幹線と呼ばれ当時の最高速256km/hを記録した電車の開発には、終戦によって働き場を失いそして戦争ではなく平和へ貢献しようという技術者たちの知恵と汗の集約だったという物語だ。


熱気には人から冷静さを奪い、時には判断力を低下させる性質もある。
そして、同時に、勇気とか度胸とか向こう見ずさに見える勝負の意識が、何かを残すこともある。


記録という情報は、込められた熱気を徐々に失い化石のような冷たい抜け殻になってゆく。
情報を残すというということは、熱気を伝えることなのか、それとも熱気の流れ去った跡を刻むことなのかわからねども、おそらく人の心にある言葉の成分(比率)は体内の水分量と同じ程度だと思ったのだった。

 ※ 人体60兆個の細胞に含まれる水分の重量比は70%程度という(幼児は高く老者は少ない)
  こころ に含まれる成分のうち、水分に相当するのが ことば なのかもしれない。
  (こちらの比率は、老若でどのように変化しているのだろう?)

  流れたり、貯まったり、埋まったり、荒れたり・・・水にはいろんな顔がある。

  ことばの顔は、喜怒哀楽の顔に表れる。 というか、ことばがなくてもそれはあったはずだ。
  記録ということば(情報)には、縁取りと重さ(密度)と温度が残っているように想った。

More(webページ画面記録)
by bucmacoto | 2009-03-20 19:20 | wave
×しゅうぎょうしき ○しゅうりょうしき
2009年 03月 20日
入学式と卒業式とが対になる。

そういう発想から、始業式と終業式とでペアだと思っていた。

けれど学年の終わりにするのは、修了式だそうだ。
 始まりは、学年も学期もどちらも始業式。
 おしまいは、学年は修了、学期は終業。 < これって35年位前に母が講釈していたかも w

まあ、たしか小学校では3学期でも終業式って言っていたような気がします。
月組・花組・星組のある小学校だったからマイナー路線だったのかも知れません。
 ※ もちろん 宝塚歌劇団 とは一切関係ありません ^^;
by bucmacoto | 2009-03-20 11:05 | particle
美しき商魂
2009年 03月 17日
北海道民である私にとって、○イは百貨店の代名詞だった。
 その昔には、H道新聞を購読し、○イでお歳暮を注文し、Y印の乳製品を食し、漁協のカニに舌鼓を打つのが北海道民の消費生活の典型だったのだ。

そんなわけ(か?)でもないが、北海道に戻ってきた20年前にはベッドを○イデパートで買った。
デパートで、特価札表示もあるのに、ちゃんと値引き交渉に応じてくれるあたりフレンドリーだ。
(マットスプリングの固いモデルが家具量販店にはなかっただけ、という理由だった気がする)

そのデパートの紳士雑貨・小物売り場の担当者からお電話頂いた。
私の財布は、バイク乗って小銭を出す際に便利だったことから 金種別に仕分けするタイプが気に入っており、同様の品を探して昨年の初秋に複数のメーカに問い合わせて貰っていたのだ。

もう15年になるだろうか。 金具はあちこち曲がり、折れ、革は縁が朽ちている。
c0062295_211977.jpg

結局、過去に製造していたメーカーも既に生産を完了し、難ありで返品受けた品ぐらいしか保有在庫はなく(私はそれでもよいのだが・・・販売する側としてはそうもいかないらしい)流通在庫以外には存在しないという回答であった。

そこまで調べてくれわざわざ後日、オホーツク地方にまで電話で通知くださったことで、さすが老舗と感心しきりであったのだが、今回はさらに驚かされた。

「昨年、お財布の件で連絡させていただきました Yと申します。
 ええ、あの節は当店の取り扱い品目としては見つけることができず、残念なことでした。
 あの・・・その後見つけられましたでしょうか?
 そうでしたか。。実は本日ご連絡させていただきましたのは、個人的にTQハン○゛1Fの売り場で、macotoさまのお探しになられていた品に該当するものを見かけまして、そういえばお探しであったと思い出した次第なのです。
 ええ、もしも札幌に御用の際には、そちらの店舗に扱いがございます様子ですので、そちらでご購入できるのではないかと思い、ご一報させていただきました。」

すげー!♪ 助かりました。 顧客本位で一気に好感度UP♪(民事再生法申請とはいえ、さすがです)

この電話、売り場の電話(おそらく顧客履歴を参照して発呼したのだろう)という。
小額とはいえ競合他社の売上に寄与する行為だから、自店に不利益であり好ましくないというような判断を示す向きもあるのかも知れない。
けれど、私のように商人(兼 職人)の家で育って、表面的な繕いや商売上の見せ掛けにしか商魂を見出せないヒネクレ人にとってこのような対応は、なんと言いますか・・・そう、「マネキンの笑顔でなく、人間の顔をした売り子さん」という感じでとても嬉しいものでした。


経済とは経世済民[世を經(おさ)め、民を濟(すく)う]とまでは青臭く言えませんけど、商いに不可欠で生命線でもある「情報を活用した効率化」というのは手段であって商いの目的ではないのだと思いました。

 私が赴任する前年に、今居るこの地域で大雪のため国道が閉鎖されて郵便も止まったような時に、○ブン・○レブンのトラックだけは辿りついて販売を継続したといいます。
 まぁ、普段からお値段高目というのはあるにせよ、いつもと同じ価格で販売していたはずです。

物流(ロジスティクス)を通じて、客の求めるもの、客に必要なもの、客が欠かせないと感じる物資、それらをきっちりと届けるのが 「商魂」 の目的なのだという思いはあります。


目的を見失わないで、手段を柔軟に、それはとても美しい商魂に思えたのでした。
by bucmacoto | 2009-03-17 21:33 | duality
for/from Vernal Equinox Day
2009年 03月 17日
春分の日を迎えたなら 秋分から続けている脂肪強化運動を終えよう

春分の日になったなら 自分を省みるよりも素敵な誰かに振り向こう

春分の日で衣替えるなら 厚手のダウンを清拭し革の上衣を洗濯屋

春分の日ははんぶんこ 朝と夕,プラスとマイナス*,水と氷と両睨み

春分の日から 内向きから外向きへ

春分の日より 感謝の回向を自信に変えて

春分の日なら 黄泉の国より地上の空へ

春分の日には 太陽はきっかり東から昇り西へと沈む

春分の日なら 南中高度から自分の今居る緯度が判る
 (天頂から下がった分だけ赤道から離れてる)

春分を祝い 春分に酔いしれ 春分で遊び 春分は呆けよう

春分から体引き締め 春分より気持ち緩ませ

春分にてまっすぐさを確かめる


そう,今のままでは丸さしか確かめられないからね (体型が)♪

*ここに来て5年目の春分を迎える。
 これまでの4回(+1)の春分の日の気温は以下
2005年 最高気温 7.7℃ 最低気温 -1.2℃
2006年 最高気温 2.2℃ 最低気温 -1.3℃
2007年 最高気温 2.1℃ 最低気温 -3.2℃
2008年 最高気温 2.5℃ 最低気温 -2.2℃
2009年 最高気温 4.8℃ 最低気温 -3.7℃ ←追記@2009.03/21


more つぶやく
by bucmacoto | 2009-03-17 02:10 | wave