人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
one leaves
2006年 03月 26日
最後の一葉


冬を越えた
ひとりぼっちの一枚の葉

春を迎えて何を想うのか
厳しかった北風か
束の間に身を暖めし太陽か

冬を越えて何を得たか
乾きつくせしその身か
火に曝さるなら瞬時に二酸化炭素に還元される軽(かろ)き身か

秋を後にし何を残したのか
根に奪われし滋養か
か弱き実に与えし栄養であるか

遠き夏を思い浮かべしか
 まだ来ぬ夏をそして迎えることのできない夏を
  夢に見しか

おまえは最期の一葉
仲間に置いて行かれた
 老いて逝くだけの一葉

そして
昨季の全ての葉を
ひとつだけ
残ることで仲間すべてを
しるす 一葉

だからおまえは、独りだろうと 複数形がよく似合う
 one leaves
   Old Brown だなんて呼ばないよ Mr.Green

さようなら
 それよりも

Good Luck !

c0062295_19535693.gif
written and post: 2006.3/26
last modfy: 2006.7/20



More
by bucmacoto | 2006-03-26 21:04 | wave
小旅行絵日記
2006年 03月 22日
c0062295_16670.jpg正月は実家に帰省しなかったので、久々に娘二人と新家族の子犬を連れての小旅行ではリフレッシュできました。

帰宅途中の長距離バスからの夕暮れ。
春っぽい空と地平線の色でした。


自宅に一泊して、実家に向かう途中に炭焼き小屋がありました。
c0062295_1853.jpg


母の所有するマトリョ-シカ(ロシア名物の入れ子人形。つか だるま)
c0062295_191924.jpg
小さい頃に見たのは3連でしたが、母によると 3・5・7連という具合に、奇数に入れ子の数が決まっているそうです。5連ははじめて見ました。

More
by bucmacoto | 2006-03-22 01:12 | duality
花嫁の名・・・それは
2006年 03月 13日
お待たせしました。TBでボケましょう2006第2回お題発表!

この記事の存在を知ったのは、3/13日の金曜日のことである。 時刻はJST-21:23(UTC/GMT-00:23)を過ぎていた。 今はもう21:29 一刻の猶予も許されない。 瞬間は金也。

花嫁の名は、ミニー
花婿の名は、ミッキー

そうだ。あなたは思い出すだろう。そしておそらくはこう予測するのだ。
っきっと、また猫娘オチよ。
いや待てよ、狸の嫁入りあたりで狙ってくるんじゃないか。
ジョーダン(冗談)でしょ、マイケルでしょ、やっぱり猫を絡めてくるわね。
姿はいぬ。中身は猫 なるほど、、、で狸の出番か。
そうそう!ドラえもんが出て来るに違いないわ!!

そんな期待を裏切ろうと考えていたら、ぁゎゎゎ21:38 < もう全角でも半角でも構わないぞ

汗ってはいけない。< ぉぃ
気を静めよ、無心になれ。。私は食う、違ぅ空(くう)也。北の空から風邪を送るのだ。<いらんて
静かに息を吐いて、1・2・・3・・・4・・・・5・・・・・よし吸え。 -t( ^o^)。o 0 プハー

気分は魔猫で奪取をかけろ。エースを狙え。実写版の女優は誰だ?  いかん出てこない。
そうだ参加することに意義があるのだ。 21:45の時計が私にそう告げる。


ナニをすべきか考えよ。 そうだ、心労の同僚がマイクを持って叫んだのだ。 その線で考えろ。


お集まりの皆様。
私(わたくし)は、新郎Donald君の同僚であり友人でもあるMacともうします。
そうふたりは、職場では離れられないほどに仲がよく 同時によきライバルでもありました。
あ,失礼。。。 これからもそうあることでしょう。

マクドナルドは永遠に不滅です。

そして本日このような、盛大なセキにおいて(ゴホッ),あ,失礼 ・・・ 席に於いてスピーチをさせて頂けることは、無上の喜びでもあります。

・・・

・・・

・・・従いまして、これが新婦のお名前 ドナニー嬢 の由来であられますことを,,,

・・・
あ,,,皆様 ちょっと・・・皆様ぁーーーー


time is soon....

さぁ。 あなたはDonaldダックの花嫁の名前を憶えているかな? (駆け込み野郎の挑戦状)

参加テンプレ
by bucmacoto | 2006-03-13 22:06 |   illusion rhapsody
past pictures
2006年 03月 10日
いよいよ残り容量があっぷあっぷです。

そこで今日からダイエットを実行します。
50KB以上のファイルサイズの画像を、ダウンサイズ決行。(大げさな表現 w)

ここに表示した画像は、縮小/減色/圧縮して、オリジナルサイズから落としてゆきます。


別ID取得は → 倫理的論理的な美意識に反する。
asahi-net(自宅プロバイダ)へのHP開設移行は → めんどい
dion(自室のプロバイダ) のブログ引越しは → おっくう

という消去法で、こうすることにします。
ダイエット開始:2006.3/10 23:35
すぐ忘れるので,更新毎に日付を変えてゆこう・・・前回減量日:2006.5/23

見かけ上の減量達成日:2006.6/1

あっという間に
c0062295_23283962.gifc0062295_1851996.gif


more
by bucmacoto | 2006-03-10 23:35 |   retro/post
lie
2006年 03月 08日
慢性寝坊症な私にとって、朝早くから目が覚めるということは不吉なことだ。>どっか変
平日なら毎朝毎朝 「ごはんできたよー」と叫んで回る下宿のおばちゃんが、いないせいだろうか。

あれは父が、手打ち蕎麦屋を始めて間もない頃、お客のオヤジとの会話だった。< オヤジ談義

オヤジ : 政治ってのは、商売ってやつは、因果なもんだ。 おれは町議だが、元議員の○×と話すともあっけどよ。 ホントよくわかる。

ばくま : うそにもみっつありますよね。 ひとつは、自分を守るためのうそ。 次に相手を助けるうそ。 そして最後は自分を助けるために相手を傷つけるうそ。

オヤジ : おぃー。 おやじぃ,このぼうずアタマいいなぁー < (ぁのぉ・・もうすぐ40路なんですが…)

この会話は、4年ほど前のこと。


自分を守るためのうそは、言い訳から始まる。 自分の本当の過ちを隠すために、大切ではない原因を列挙することから始まる。 恥を知っているから、恥を隠すために始まる。

相手を助けるためのうそは、愛から または同情から始まる。 相手の過ちを明らかにすることが、相手を傷つけ萎縮させ長い目でみてよい結果にならないと感じられたときに、つく。

自分を助けるために相手を傷つけるうそは、邪(よこしま)。 僻み(ひがみ)嫉み(そねみ)妬み(ねたみ)の複合体(コンプレックス)がうその底流に流れる。


恥も大切 < うわべだけではない羞恥心
愛も同情も大切 < でっち上げてはいない限りは
コンプレックスだってばねになる < 嫉妬で心焼け焦げないならば


釈迦が言ったという『うそも方便』 とは、純粋な二つ目のうその例なのだろう。 そう思う。
 相手のためにつくうそは、許される。
 そして、相手のためにならないうそなら、許されない。
 Asymmetry ~ 非対称な装いを示すのが、うその様相というものだ。

これまでと、今このときと、これからと,過去現在未来を見通し はじめて嘘と方便とは区別される。

透明な毒舌 (くさいセリフ)
by bucmacoto | 2006-03-08 06:41 |   pre/pro
つかずはなれず
2006年 03月 07日
いつか満ちるよ

やせ細りながら お月様は言いました。

か細くなったお月様には 大潮を起こす力はないはずなのに。

力と輝きは尽きたはず。 なのに それでもお月様はいいました。

「ボクがやせこけた分だけ 君は丸くなるがいい。

 ボクがまん円なら 君は真っ暗けになってしまう。

 だってボクと君とは 向かい合わせなのだから。」



お月様の君は、地球くんだったようです。

月と地球は、つかずはなれず
by bucmacoto | 2006-03-07 21:58 | wave
my items
2006年 03月 04日
今日は記念日なので、振り返りの日。
だから一人称は、"僕" がいいだろう。

5歳から15歳まで、本は僕の友達でした。活字中毒というのは、僕のためにあるような言葉だった。
 絵本はぼろぼろになるまで読み返し、床屋に行ったら散髪終えてもマンガを読み続けていました。
 (床屋の主人が飴玉を差し出して、これをあげるからお帰り というまでとまらない)
 母の本でもひらがな拾って読み進め、教職の叔父の家ではその書棚の蔵書に強く憧れました。
 少年少女文学全集の毎月の配本が届くたびに、ご飯の呼び声に気付かない 電気を消された後の豆電球で布団の中から必死に活字を拾いました。
 百科事典(ジャポニカ 別冊付)を手に入れてから、勉強をするふりをしながら辞典を眺めておりました。 (それでも半分に満たない、1/3程度の読破率)
 ええ、ええ。 もちろん世界美術の巻にあるルノワールとかをおかずにして いけない遊びなんて…

13歳から30歳まで、AVと僕は離れませんでした。
 AVとは、オーディオとビジュアルです。
 ためたお年玉で初めて買った大物が、オーディオコンポ。 カタログを集めまくり、雑誌を読み込んで、ディーゼル機関車で90分の街まで何度も通って実機を確かめました。 店員さんから知識を仕入れたり、食い下がったりすることを体得したのはこの頃でしょう。 営業口上だけな店員は、中学生など相手にしてくれません。 口だけ店員と 中身がわかる店員さんとの自分なりの見分け方を学んべたことは、大きな収穫です。
 安物テープにも工夫次第で使えると、録音バイアスをいじったりしました。 左右の位相がずれていると、スピーカーケーブルをちょん切りました。 カセットヘッドの微調整をちょこちょこいぢったのも、レコード面の保護だと言って、気に入ったレコードには最初の一回(録音時)だけ針を落としていました。
 CDの時代になってもプレーヤーを買えなかった私は、その恨みを晴らすかのように、就職して最初のボーナスでバイクとLD(レーザーディスク)のローンを組んだものです。
 ・・・銀行口座に残高があるはずがおろせなくて、ブラックリスト直前だと冷や汗をかいたなんて、お馬鹿な若者が後を絶たないそうですね。(他人のふり)

19歳から40歳まで、バイクは僕の伴侶でした。
 転倒だって経験しました。 人身事故だって経験しました。
 見舞いに行ったら、検査中。 「お待ちになる間、娘とお食事でもなさってらしてください。」 と言われ、市民病院近くの喫茶店で一緒に食事。 保母の資格を取るつもりという僕より4歳年下のお孫さんは、人差し指と小指をぴんと伸ばして 『ごんべさんのあかちゃんが かぜひいた~♪』 と手遊び歌を披露してくれました。 おまけに会計しようとしても、「私、ちゃんとお金を預かってきていますから困ります」 と言い張って僕におごってくれました。
 シングル(単気筒)ではガンスパークでパワーアップを図り、インラインフォー(4気筒)では160Kmで東北自動車道を走り、2ストロークで油まみれに山を越えました。
 山中湖や河口湖で、ステップどころかシリンダーカバーを擦っても前走者を抜けないカメライダーだったのは、秘密です。

26歳から今まで、PCは僕の仲間でした。
 マイコンと呼ばれた8ビット時代には、下宿仲間や学校の実習室でしかBASICしてません。
 Epsonの互換機,NECのノート,IBMタワー,寄せ集めのフルタワー,そして今はSharp。
 熱暴走で落っこちる癖は直りません。
 ノートのフラットパッケージCPU(直付け)をCyrixに換装するために学会出張で行った秋葉原で半田ごて先を買いました。 やっと3台だけは換装できました。(ジャンパ飛ばしたのもあり)
 TurboPASCALは持っていたのに、実用収穫ゼロ。 123はあるのに どしてかMultiPlanのマクロに大はまり。 dBASEの表示が素っ気なくて、邪道にもESCシーケンスを埋め込みまくって主テーブルフィールド参照用サブウインドウを作りました。(dBXLはメモリ不足で断念)
 2400bpsモデムに始まって、Wterm/Vz/FD/MIEL いっぱいいっぱい使わせてもらいました。 子供が生まれたばかりで、電話代がもったいないからチャットはしなかったけれど、オフ会のお誘いや オフラインミーティングに名を借りたマージャン大会&データ交換はよく行っていました。
 HPは作っても、もともとがHTMLの勉強用。 コンテンツ(中身)なんて何もなし。 そんなのが続くわけもありません。 テキストスクロールとAlart(ポップアップメッセージ)と最終更新日の自動入力を JavaScriptでいぢっている内にブラウザ互換性のなさに投げ出しました。(昔の仕様はひどかったのよ)
 僕はプリミティブ(原始的)なことしかわからないから、今こうして既成ブログで中身だけを考えればいいことにとっても感謝しています。 僕は枝葉なことにハマって抜け出せないままに、時間だけが過ぎてゆくカメだから、テストとチェックと試行錯誤でオブジェクトをコンパクトにまとめてくれる中の人を尊敬してやみません。

いつまでPCと仲間でいられるか、いつになったらバイクとよりを戻せるか(むりっぽ)、本を読む代わりにWebで字を見ることに疲れを感じないで済むようになれるのか。
どれもこれもわからないことだけれど。

妻にもダメだしされた僕だけど、職場でもやりすぎと糾弾された僕だけど(やり手でもないのに・・・というか やり手ではなかったからかな?)、誰からの評価がなくても 僕は僕自身に甘~い評価をあげる事にしよう。

自分にごほうび
by bucmacoto | 2006-03-04 22:34 | particle
大人たちを責めないで
2006年 03月 02日
「子供達を責めないで」 という唄があったようです。
(何度か耳にはしましたが、ちゃんと聞いたことはありませんでした。)
バブルの直前には、確かにこうした天衣無縫さが許される雰囲気があった気もします。

そのパロディを作って見たら、「目くそ鼻くそを笑う 鼻くそ目くそをなじる」 の相聞歌(?)となりましたので、書いて見ます。

ただし、非常にブラックに過ぎるため、今現在世をはかなんだり、精神的に落ち込んでいたり、世間的な逆境にあえぐ方は、ごらんにならないようお願い申し上げます。
また、良識ある方の中には、内容に不快な思いを持つ方もいらっしゃると懸念されます。
倫理というものについて厳しくあるべきとお考えの方、あるいは人間というものについて夢あるべしとお考えの方は、ごらんにならないよう重ねてお願い申し上げます。


それにしても、愚痴と悪口と陰口ってのは、魂を蝕む元だと愚痴考(リンク先は未公開)を読み返しながら思うのです。
・・・とかいいつつ ブラックな排泄 < 血便か?(笑)

ブラックな思い付きを下さった 裏方さん に感謝いたします。
ふい字行間調整 2006.3/12
add black line 2006.3/31


子供も大人も責めないで
by bucmacoto | 2006-03-02 00:21 |   illusion rhapsody