人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
灯る..消える
2005年 09月 27日
近付くと
灯りが消えた

次の灯りも
進むと
消えた

闇が
右手に
拡がった


もどり道
消えた
灯りが
つつと
灯り

次の
暗燈も
ぴかりと
点いた
c0062295_030173.jpg
海風に吹かれ
星空に照られ
ロシア船が
揺れていた


何かが
偶然で
何かは
必然で

それを決めるのは
 波のように揺れる
  情ではなくて

それを定めるのは
 中空に定まった
  意志ではなくて

それを映すのは
 底に潜り込んだ
  知に限られて


錨に縛られ
停留しながら
船は揺れる

明滅しながら
灯は灯る

by bucmacoto | 2005-09-27 22:31 | duality
逆さ映し
2005年 09月 27日
c0062295_21281027.jpg両脚を広げて
股下から覗き込む
 ほ~らネ
 空に山が映った

c0062295_21493245.jpgちょっこっとと寝そべり
横倒し
 ぉぃぉぃ
 何を考えている(爆)

ふんわり雲が空に浮かぶ?
空に映っている?
 鹿の白いお尻が
 茂みにちらり
c0062295_21524034.jpg

by bucmacoto | 2005-09-27 21:55 |   illusion rhapsody
朱赤 ~ 緑葉 ~ 青空
2005年 09月 27日
光の三原色が、揃い 跳ねた ♪ ♪ ♪
c0062295_2058313.jpg

by bucmacoto | 2005-09-27 21:01 | particle
pinhole cross
2005年 09月 27日
百ミリセカンドの視線 
声をかけたら届く距離 
耳を塞げど温もる熱波 
 
線はまっすぐに 
曲がらない塊な 
なのに逆投影に 
包み込む無限 
 
遭遇したのか? 
遭遇されたのか? 
瞬間にまたたく 
遥かな無限 
 
無限小の生命 
種子の始まり 
結実の終わり 



by bucmacoto | 2005-09-27 20:45 |   pre/pro
weekend holiday
2005年 09月 25日
c0062295_1855429.jpg世界遺産となって、初めての知床です。

混んでいました。
子供たちは ぶ~ぶ~ぶ~。

長男
『観光なんてどうでもイイんだっ(怒)』

ぉーい...育て方が下手だったのか?
はたまた、タネのカケ合わせに失敗か。


待てないせっかちな北海道人って多いのかも知れません。
知っている人で、東京ディズニーランドで15分以上も列に並んでは待てなくて、何にも乗らなかったという猛者もいます。 < 妻の親戚筋 ^^;

結局,一番 印象に残ったのは・・・
娘達は、下宿近くにある公園池で カモにパンくずを放り投げたのが、最高に楽しかった様子です。

ありきたりフォト ^^;
by bucmacoto | 2005-09-25 19:22 | particle
折り返し
2005年 09月 23日
今日は秋分の日です。

夏と冬とが折り返す日です。
昼の長さと夜の長さが折り返す日です。
暑さと寒さがもたもたとバトンを受け渡します。

雨の日も多いけれど
晴れの日は空が高く澄んでいます。
高い雲も綺麗だけれど
大地も実り華やかです。

月は満月を越えたから
太陽の追っかけを止め
導く役目になりました。

太陽の一番高い日と
一番低くて短い日と
間の折り返し点は
秋分の日です。

 黒い冬 そして 白い冬
 厳しさにまみえる前に
 ぬっくりとまどろんで

暖かなカフェオレでも口に運びながら
塩辛かったあの日を思い出しながら

今日を折り返してみましょうか。
by bucmacoto | 2005-09-23 11:58 | wave
アタリマエとタテマエ
2005年 09月 23日
公言できる 『アタリマエ』 をタテマエという。
公言できない "アタリマエ" をホンネという。


公言してはならない "ホンネ" があるという。
 それは、陰でしか騙れない "アタリマエ"
 まっすぐな目には怯まずにいられない悲しい "ホンネ"
 それは、不特定で曖昧な『アタリマエ』に疲れ果て,
 目の前にある "アタリマエ" に従ってしまった悔恨。


公言せずにはいられない 『アタリマエ』 を正義という。
 強者必勝は "アタリマエ"
 弱肉強食も "アタリマエ"
 盛者必衰が "アタリマエ"
 脅しも 暗い諦めも 明らかなウソも,
 すべて蹴散らして 『アタリマエ』 を叫ぶ。


公言させてはならない 『アタリマエ』 をプライバシーという。
 責任の伴わない自由はない。
 低信頼にすぎる報道者が 自由を叫ぶな。
 公器・公権にて 私を利しつつ プライバシーを翳すな。晒すな。
 私利・私刑を隠し持つのは自由ではなく "手前勝手" と思う。
 暴言と箴言はいつも紙一重だから,
 プライバシーに逃げ込まない『アタリマエ』に私は惹かれる。


曖昧だから ホンネなのではない。
 不明瞭だから 不気味なものとも限らない。
明確だから 正義とは限らない。
 切れ味鋭い舌鋒が 二枚舌なこともある。


ぶきような君に
恥ずかしがりなあなたに
弱虫だと思い込んだ古いわたしに

『アタリマエ』なものは いつでも本当だった。
"アタリマエ" に過ぎないものは その時だけだった。
 いつも足りないものは ホンネ にして
 満足しているフリを タテマエ にして
やせ我慢ばかりだったけど

いつの間にか
ホンネを語っても

タテマエに思われるほど
いいホンネばかりになったね ♪

個人情報保護に関する
by bucmacoto | 2005-09-23 00:33 | duality
清秋
2005年 09月 19日
初秋を乗り越え
雨があがる

かさかさとした
枯葉たちも
今だけは

しっとりと
ひっそりと
しめやかに

くんぬりとした足音は
ぷーんとした羽音に消され

つかの間なれど
陽は土を
そうっと照らす

c0062295_2322940.jpg

by bucmacoto | 2005-09-19 23:22 | wave
三神
2005年 09月 18日
天の神は叫んだ

 私が源初の者だ
 宇宙を統べ
 星☆を生み
 背景輻射と
 ダークマターと
 永遠の謎とを包含する

 私が最高位の神である


地の神は言い返す

 私こそが肝要な神である
 人間という生物が存在してこそ
 宇宙も
 空も
 観察され
 記述され
 賛嘆される

 地球なくして宇宙など
 絵に描いた餅である


海の神も負けてはいない

 人間などと言う小賢しい生き物も
 あやつらの生存を助けている
 全ての生命も
 いのちのゆりかごなくしては
 ありえなかった
 そしてこれからも存在しえない

 他の乾燥惑星にはない生命の宝石箱
 地球の半分以上を占め
 全ての生命の根幹たるものが私である



でも そっと海の神は呟くのです
 ほんとうは,
 私なんて地球の上にのさばった
 大きな大きな水溜りに過ぎないのよ

それを知らない地の神は嘆くのです
 海は生命のゆりかご
 まさしく母なる海は 命をうむ
 空は星々の故郷
 星が全ての原子を合成する
  ・・・
 ボクなんて始まりでもなければ
 終わりですらないんだよな

知ってか知らずか天の神はうつむきます
 全くのおわらいぐさだな
 小さかった頃は熱いばかりで
 インフレーションで急に育ってからも
 その時の姿と何ひとつ変わっちゃいない
 少しはさめたと思ったが
 オレはいつまでたっても
 自分が中心のままなのさ

out of field
by bucmacoto | 2005-09-18 00:37 |   pre/pro
割り切り
2005年 09月 17日
どうにも割り切れない時がある
どしてか割り切れてしまうこともある

 同じようなことだと言われても
  割り切ってはいけない
  そんな気がして確かめる

 違う意味だと力まれても
  どこが違うか分からなかったり
  同じ構造だと判断してしまう


無限に割り切れないこともある
 少数の桁数を増やしても
 分数に扱いを広げても
 無理数に理解を拡張してみても
虚数の言葉は割り切れない

限りあるから割り切れることがある
 まっすぐなあの人は
 タテとヨコとがいつも同じ
 素直になれないこの人は
 マイナス成分を口にしないと不安らしい
 ナナメの傾きがないと不自然らしい
(あまりを忘れていないかな?)


割り切ってはいけないものもある
 寄せ集めただけではない ひとつのもの
割り切らなくてはいけないものもある
 互いに蝕む ふたつの性質


 不揃いなカタチを寄せ集めて
 不調和な波を重ね合わせて


僕は今日も生きている
凸凹しながら歩いてる

More one line
by bucmacoto | 2005-09-17 17:36 | wave