人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ふきのとう
2005年 05月 23日
 ふきのとう   一族郎党   そろいぶみ
投稿 2005.4/19(Tue) 21:04
Exhibition最終 2005.5/30(Mon)


画像
by bucmacoto | 2005-05-23 19:23 | wave
言葉の性質
2005年 05月 18日
あの詩人さんにかかると
言葉は軽やかに舞い踊ってみえる

あの空ろな瞳で話されると
言葉は虚ろに影を失う


その深い彫り刻みに語られると
言葉は重みを私に残し

その和やかな律動を耳にすると
言葉は旋律と一緒になる


よき言葉という性質は
利己心なき人に宿るらしい

対象を示す ~ それが言葉
by bucmacoto | 2005-05-18 22:13 | duality
浅き考え
2005年 05月 15日
科学哲学が完成されずにいるひとつの理由。
 ヒトの生命は何処からが貴く尊厳あるもになるのか?
この問いに(科学的枠組みと)完全にフィットする解答が出せていないこと。

中絶を経験した女性が陥る罪悪感。
そうしてしまったことへの後悔と自己嫌悪。

しかし受精以前の卵子を流すことはむしろ純潔とされる。(罪悪感などない)
未受精卵を粗末にしてはならないと性交に励む姿と言うのは想像できない。(苦笑)

これは男性も同じ。
精子を捨てることに 情けなさ侘しさはあるだろう。(というより ほとんど生理現象扱いだろう)

受精した瞬間からが生命であり、卵子内に精子のDNA物質が進入し細胞分裂を始めた瞬間がいのちの始まりだとする。
この場合は
⇒ 中絶は人殺しとなる。 流産は事故死となる。 性交と妊娠制御は事故防止となる。

受精以前(未受精卵と精子)も生命だとする。
⇒ 性交制限自体が 命を奪う行為となる。 < これはありえない(矛盾が大きすぎる)

受精及び細胞分裂開始後についても,生命活動は開始しているがヒトとしては認められない。
人体としてほぼ完成してからがヒト(これが現在の法体系)
⇒ 受精後6ヶ月までは生ごみと変らない。(未受精卵や精子に同じように 不完全な命とする)
   その人体の形が完成した後は、ヒトとして扱う。(嬰児・新生児に死をもたらすは殺人)
もの心がついてからがヒト(後年になって記憶として蓄積される範囲に達して ヒト扱い)
⇒ それ以前は 動物やペットと同列(将来にヒトとなる生命だが、ヒトとしての扱いは受けない)
   古代や神話時代以前,そして(人類部族の)極限状況で選択した考え方。


科学や技術というと 分析して~組み立てる という一貫した流れがあると思います。
基本となる生命倫理(何時からが生命か),そして人間科学(何処からがヒトの生で どこからがヒトの死か)の 基本となる単位・ユニットがない現状では、これまでのパラダイムを分解したり再構築したり(以前の流行語で言えば脱構築)することは困難だと思います。

生命と無生命の間 ~ 裸の遺伝子(DNAやRNAのみのウィルス)は生命なのか,
そもそも生命とは 何を指すのか?
 自己複製(分身を産み増やす機能)と、自己保存(受け継いだ構造と機能を維持)と、自己管理(部分の異常を適切に処理)とが出来るのなら、それを生命と呼ぶことは妥当なのでしょうか?
基本を確定する必要があると思うのです。> カルトや迷信を完全に置き換える役目を果たすには

ロボットが自分達を 適切に生産し 適応変化できるようになったならば・・・
ヒトはロボットのご先祖様といえるのでしょうか?
それともロボットの創造主(神様)なのでしょうかね。

by bucmacoto | 2005-05-15 19:33 | wave
under subset/over subest [自己循環]
2005年 05月 15日
自己循環

自分で自分に問いかけてみようか。
 自分は何処から来たのか、何処へと行くのか。

自分の中に居る 自分でない者に問いかけてみようか。
 あなたは何処を目指したの?
 あなたは何故に現れたの?

自分の中にいそうもない 誰かの意見を探してみようか。
 誰かこれを知っていますか?
 誰かはそれをどう思いましたか?

本で,ブログで,HPで。
 直接の対話では 見落としたことに,
 テンパってしまって 聞き逃した声に。


自分の中に 置き忘れてきた 何かは決して消えたりしないんだね。
 ハレーションでカブったりはするけどね。
 ノイズに埋もれたり,ピントぼけたりも するけれどね。
消えないね。 けれど 残らずキレイになるよ。

必ず,きっと いつかはね。

向かい合い 見つめ 問い合う
by bucmacoto | 2005-05-15 18:35 | duality
past ~ pre/pro
2005年 05月 15日
 ♪ 苦しい時は長いけど 楽しいときはすぐ消える
  ・・・
  苦しいときも楽しいときも 一時間は60分 ♪

小学校の頃に そんな歌謡曲を地方巡業中の歌手の口から聞いたことがあります。
そういうものかと 子供心に思いました。
 お気に入りのテレビを見られる2時間という時間は ほんのひととき,
 店先掃除と風呂洗いと風呂焚きをする 30分に足りないくらい短いのにはなかなか終えられない。
こう納得したものでした。


 正座をするのが苦手でした。

習字は正座姿勢で行いました。
珠算も正座,剣道にも正座があった。
足に気持ちを向けると辛いだけなので,目前の作業に集中してやり過ごしました。
(剣道の黙想では 脳みその中に集中)
毎度の事ながら痺れてしばらくは動けなくなりましたので,後片付けも帰るのも最後でした。
(剣道の時は順番が近付くとモゾモゾやって血流を確保でした)


 "苦しい時を乗り越えてこそ楽しさが倍増する" なんてことを申しますが,
正座の苦しさは乗り越えて血が通いだしてからこそが,本当ののたうちまわり(笑)...
動けない下肢を "つんつん" なんてつつかれると,"うぎゃはは~"と笑う反応しか返せない。
 "悲しいから泣くのではない 泣くから悲しいのだ" という行動主義に照らして外から見ると,
 笑いながら睨みつけるこの反応は 楽しい憎しみによるものと解釈されるのでしょうか?


反応している真っ最中の時間感覚は、

 楽しい刺激は『もっともっといっぱい頂戴!』 ⇒⇒⇒ え~っ,もう終わり~ぃ?

 苦しい刺激 と 無刺激の退屈は 『まだ終わんないの~?』 ⇒⇒⇒ あぁっ,やっと終わった!

そんな感じなのでしょうか。(私の場合はですけど)
その性質せいなのか(因なのか),そのためなのか(目標なのか)、どちらなんでしょうね~
 過ぎ去った楽しい時,幸福なときは、必ず何倍にも増えて感じられて。
 過去の苦しいときは、いつまでも忘れ去ることはなくて。(忘れた筈の記憶が時に甦る)
 退屈な時は、憶えたはずだったのに 必ず忘れ去っている。(嫌々ながらやったことはコレ)

 心+亡くす = 忘れる / 忙しい

なのですが,忙しかった出来事は忘れないものですね。
 (丁寧に心を込めたことであるなら)

荒々しく やっつけ仕事で終えた事は、実りが少ないのかな?

 心+荒れる = 慌しい

"慌てる乞食は貰いが少ない" とか言いますね~。
「あわてない あわてない
 ひとやすみ ひとやすみ♪」
一休さんのこの心構えは 乞食の心構えでありましたか(w
 (修行者には托鉢というのも有るしね。)


夢中になる,一心に集中するって、仕事を楽しむコツで 嫌なことを早く終えるコツなのかな・・・
・・・ 切羽詰ってから何でもやる人間のイイワケっぽいけれどね(笑)
by bucmacoto | 2005-05-15 15:06 |   pre/pro
早春山道
2005年 05月 14日
c0062295_21394675.jpgまだ華やかではない
まだ雪すら融けきらず

 それでも

もう春はすまし顔で端座し
もう澄んだ水面は輝いて

その美しい横顔を輝かせる

More
by bucmacoto | 2005-05-14 22:31 | wave
フラクタル(マンデンブロ)循環
2005年 05月 14日
夜と朝の境目

ひとりの自分の中に アナタの縮小模型 と 私の相似モデルと,
どちらもいるから 自分がここにいることを実感するよ。
夜と朝とが ふたつでひとつであるように。
明かり照らされた面と影になる面とで 地球全部であるように。

ふたつのものが溶け合ってひとつになるのでも
ふたつのものをつなぎ合わせてひとつとするのでも
おそらくはどちらでもなくて,
はじめにひとつだったものが大きすぎるから
はんぶんこにしただけで。

だからごらん。

夜の中に朝を見つけて
昼の中に影を見つけて

宇宙とこころは相似形なんだって
循環しているのが循環させゆくのが
生命~いのち~なんだって


娘の誕生日に贈りました <父は空 母は大地>
c0062295_0233282.jpg


自然の法則・宇宙の法則
by bucmacoto | 2005-05-14 16:32 | particle
ちょうど って?
2005年 05月 13日
Q : 丁度ほどよくするための 最適な努力って どのくらいだろう?

これは かなりの難問。
 というか 誰にでもぴったりする結論なんてない気がします。
 自分にぴったりする結論すらも、けっこう行き当たりばったりで決めています。
"いつでも常に最適化" だけは目指していても、自分の人生にとっての最善解なのかは疑問。

結論を出せない自分なりの理由 3Step Skip

Level 1 : 絶対的理由
 丁度ほどよい というものは おそらく大変に見つかり難い。(あり得るとは思う)
 ちょうどよい = 私にとってちょうどよい
  そうして、 みんなにとってちょうどよい
   これまでを振り返ってちょうどよく これからに向けてもちょうどよい。
 過去~未来 が ほど良い結びつきになる現在,この瞬間に どうしたらよいのか?
 本能に従うべきなのか,過去の積み重ねに従うか,未来の展望に賭けるのか ?
 神様でもない限り、「やってみなくちゃ分らない」。
 人間である限り、「やらなくても分る。絶対さ。」 なんて言うのは さかしい気持ちの証し。

 完全なバランスポイント。 全てを支えきる重心点。
  そんな存在はきっとある。 < これは 信念というよか 私の中の神話かな~?
  そんな存在は目の前に。 < これは 神学な体系で言う 予定調和かな~ ?
 敷かれたレールに乗っていては見つからないし、これまでのレールを無視しても見つからない。

 一瞬の間は 世界全体を貫くかのような正しさを顕すのに,瞬く間に混沌の中に見えなくなる
 そういう 真実の姿 ・・・ 見つけたい 見つめ続けたい。

 どんなに真剣に 悩み考え抜き 祈るような気持ちで得た啓示であっても、
  (何を どの程度,にしたなら最適であるかという)程度を考える材料の全ては、
 過去の経験則のエッセンスにしか過ぎません。
 努力は (未来に)よりよい結果を得ようとして行うものですが、(現状で)手に入る全ての可能性を網羅し尽くしたとしても
 "丁度ほどよい"
 このこと自体が、発見しにくくて,維持が困難で、証明が不可能。 だと思います。

 いつでも常にそう証明できる存在 ・・・ せいじんくんしになれってことね~(ムリ)


Level 2 : 相対的理由

 "Rome wasn’t built in a day."  (ローマは一日にして成らず)
 "All roads leads to Rome."  (すべての道はローマに通ず)

 大きなことを、(すぐには)やり遂げることはできず,
 大きくなったものへは、(どうやっても)到達することができる。

 "継続は力なり" (努力 をするのは 力を得んと努めたから)
 "成せば成る 成さねば成らぬ 何事も" (やらずにできるわけがない)

 努力が完全な零(Zero=Null)であるならば、
 (偶然任せでは)大きなものは何一つ成立しなかったことだろう。
 死ぬほどの努力,血を滴らせながらの苦闘であろうと、
 (運命に見放され)実らなかった屍は累々と横たわってきたことだろう。

 完全に無となることは すこし難しい。(だから無心になれると 悟りに近づくとか言う)
 200%の努力を続けるは かなり難しい。(ほとんどの場合は 壊れるか 狂うだろう)


Level 3 : 個別理由
*後ろ向き理由
 もっともっと(更に上位を目指し)で,精一杯に手を伸ばし やっと掴み取った場合
 → それを 「つまらない・価値のないもの」 とは考えたくないというバイアスが働く
 まだまだ(上がある)けれど,疲れを感じて 歯を食いしばるのを諦めた場合
 → それは「それほど価値あるものではない」 こう考えたいというバイアスが働く

 勝ち組 vs. 負け組 ← この意見対立の元凶にならない?

 *前向き理由
 がんばり過ぎないようにガンバル。
 修辞的だけれども これを忘れては 忙しいだけで、実りはない。
 混乱を回避しない猛進は 独善と変らない。
 妄想を振りかざした 独裁志向者と変らない。

*バイアス : 偏向力. 平均調整振動. 背景加工

初投稿 2005.3/27(Sun)
公開 同年5/13(Fri) ver.0.3


ambivalence (両価性)
by bucmacoto | 2005-05-13 21:37 |   pre/pro
手を伸ばすのなら
2005年 05月 13日
確かな手でありたい。

差し伸ばす手は
 幻肢ではなく
 枯れ腕はなく
確かな腕でありたい。

手を伸ばすのなら

柔らかな指でありたい。

届いた指先は
 綿毛のような柔らかさも
 艶絹のような細やかさも
ありったけであればいい。

たとえ
いつかは
手放す手であろうとも
ありったけでいい。

手を伸ばすのなら ・ ・ ・ まっすぐに
by bucmacoto | 2005-05-13 20:45 | wave
特定 そして 不特定
2005年 05月 12日
論理の鋏は切りつける

 それはこれとは違う
 それとこれとは似ているけれども同じじゃあない

分断 そして 分離
 あげくは
分割



そうだろうよ

 ぼくは おまえと 違うんだ
 あいつは ぼくとは 違うんだ
 おまえとあいつは 違うんだ

**

切ろうと思うわけじゃない
引き剥がしたいわけじゃない
 ただ
はっきりさせたいだけなんだ

***

きりつけ疲れて
ふっとつないだ
不安な構造

  おまえとあいつはグルなのかい?

切るの それとも 貼り付けるの
by bucmacoto | 2005-05-12 22:43 |   pre/pro