人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Panic時に耽溺したがる日常風景
2005年 02月 27日
2005/02/27|妄想家 枝豆太郎 寄稿集
2005年02月27日

地震雷火事○○○・・・


テーマ:どうでもいいニュース
昨夜も揺れましたね。

新潟と青森。地球レベルではご近所なんでしょうけど、その前が茨城だったことを考えると、揺れまくりって感じですね。

首都圏直下型地震が起きた場合、被害額は112兆円だそうですが、そんな数字はどうでもいいのです。
だって、それは私以外の幸運にも生き残った人たちと、
地震なんて関係なかった地方の方々が背負う借金だからです。

私はおそらく、最初の揺れで、壁にかけた息子の賞状額、剣道五級が落ち、寝ている枝豆の頭を直撃、面一本であの世行きでしょうから。
剣道5級の面で死ぬ という極めて稀な死亡事故です。
大地震さへなければ、
「(あ~~)メーン! で父死亡」と東スポのベタ記事扱いでしょう。


でも、生き残ったら、それはそれで大変だろうな、と思うわけです。

近所にはラブホがあり、そこから半裸全裸で飛び出してくる人々がいるでしょうし、

高級マンションから逃げてくる一人暮らしのホステスは、
ケリーバッグにに大事な″うちの子゛を入れ、右往左往

外人の証券マンは、オーマイガッを連発しながら、
ありもしない明日の相場対策をパソコン片手に検討していることでしょう。

近所の公園は、ビトンカバンの被災民で溢れ、その姿は本国フランスでも不思議な感覚をもって見られることでしょう。


寒さをしのぐために、段ボールハウスにビトン、
近所のバァから略奪してきたドンペリを紙コップで飲む人々。
PSPに熱中する子供に、
2ちゃんねるに書き込みまくる大人たち…


なにが恐いって、
地震よりも、その避難風景の方が恐い気がします。

エキサイト以外へのトラックバック方法がよくわからないので 手リンクを書いてみました。

地震・災害時という非常時には その非日常な状況への理性的な適応をすることが困難であると指摘されてきています。
 パニック(Panic) の語源となった Pan(半人半獣 : 上半身は毛深い人間の男、下半身はヤギ、髭を生やし、額にヤギのような2本の角がある)の野生が 心を牛耳って理性的な判断を出来なくさせるためという モデルがパニックモデルです。
パニックを落ち着かせる為には、それまで慣れ親しんだ行動パターンへと回帰したがる,そういう防衛機制な傾向を人間は持つようです。
 そして今の日本都市居住者が とっさに戻ろうとする「日常」というのは、欧米の田園を心理的故郷とする欧米人にも,アフリカやアジアで牧草・雨林な生活基盤で暮らす者にとっても,おそらくはこっけいなものなのでしょう。

非常時にも自分を取り戻す方法(これをしている時は 紛れもない自分自身だ という行動パターン)
 それは、朝夕の祈りか(お勤めか),ペットを散歩へと連れ出すか,何が何でも酒を飲むのか,
 どのようなものであるかは、理解を超える場合もある。 理解に苦しむ場合もあるでしょう。
そんな自分を取り戻すための ささやかなこだわり。

空を仰ぎ見て 雲と星を月を眺めて 鳥と樹木に視線をとめる。
 人間観察に疲れたりやりきれなく 脳みそがぼんやりしてきたら 私はそのために外をぶらーっとすることでしょう。
by bucmacoto | 2005-02-27 13:34 | wave
極座標 と 直交座標
2005年 02月 25日
地図を廻しながら読む ⇔ 地図方位固定で読む

地図の中心で 愛を叫ぶ

この違いは、縮尺の違いではない し 色彩の差異でもない。
この対比は あれやこれやと考えるにはもってこいのネタと思う。
  主観的 ⇔ 客観的 とも
  文系 ⇔ 理系 とも
  おばか ⇔ さかしい とも
どれとも違う。

地べたに這いずりながらの見解 ⇔ 意見と理解は高みから
 どちらも大切で、失くしちゃならなくて,
 無視できなくて、片時も忘れちゃならない。
いわゆる車の両輪にあたるのだろうか。

結晶(純粋定理)志向 ⇔ 多様性志向  ・・・ これとは相関ありそう。
 基点(原点) ⇔ 実空間(様相)  ・・・ の対比にも似るかも知れません。
 原理(セオリー・ドグマ)重視,発見志向 ⇔ 応用・実用重視,発明志向  ・・・ こんなんか?

* 極座標で示すには 軸が固定されていて 初めて有用性がある。

基準軸がないなら 愚痴。(愚かしい知的廃品)
基準軸がないから 無限。(キリがない~)
基準軸が揺らぐから迷走。(ぐらん ごろん どかん ばたん ぽてぇ)

南北の軸に限りがあるように、 < 北極&南極
東西に方向あっても限りないように < 西の果てに進んだ船は東の果てから戻り来る

メルカトル図法の地図は 目の周りに 円筒状に曲げた配置にして、はじめて 正しい臨場感がでるという。

北の果てには大地なく 南の果てには海はなく
北の果てにはホッキョクグマ 南の果てには皇帝ペンギン
太陽は東から西へ
 月は西から東へと太陽にじりじり遅れて
  星は東から西へと太陽を追いかける

自分中心の世界 = 天動説の世界 < 味わいはある。
  混沌(カオス:chaos)を秩序ある宇宙(コスモス:cosmos)へと 誘うは極座標

宇宙の座標原点なんてわからないから
 とりあえず 年の基準は お天道さま
 間に合わせ 月の基準は お月さま
 疲れそうな 週の基準は 神話のおとぎばなしから
 一日のリズムの基準は 地球の自転
そんなこんなで
 自分の外のリズムに調律されるのに疲れたら
 他人の中のノイズに撹乱されるのに参ったら
空を見上げ 雲を仰ぎ眺め 星を見おろそう < おかしくはない表現のはずだが…
* 星の中心へ向かう方向を 『下』 ⇔ 離れる方向を『上』
  立っている星(地球)を基準とするなら まるきり逆意になるなぁ・・・

大きな極座標は、⇒ 絶対性ある直交座標へつながる。 …かと 思いきや どうやら違う。
極座標では 原点近くの高密度(内側)と 原点から離れた疎である外側と < 別扱い
直交座標では,3軸共に等価で扱える。 < X軸とY軸とZ軸は 入れ替えて対象となる

内 ⇔ 外
この対比感覚は
 後ろ ⇔ 前
そして
 下 ⇔ 上
そんな体性感覚と共にある。

これは進化論的に導かれる帰結か ? < それとも自己中心的な一人よがりか ?
初稿 : 2005.2/25
画像update : 2006.5/20


周る廻るよ世界は回る
by bucmacoto | 2005-02-25 20:43 | duality
とりあえず
2005年 02月 24日

おつきさま

c0062295_20244156.gif

ただ それだけ... ^^;



月夜を見上げると 夜の明かりが何もない場所でも、
まるで昼間のようにくっきりとした影が照らし出され、
川面が光り、顔面が蒼白に明るい、
父の故郷 の 夜の月景を 思い出します。

月の明るさに照らされて 光る雲は 眼には明らかなのに、カメラにでは上手に写ってくれません。
肉眼では光量を対数圧縮して感じて → カメラもそれと対応した感度曲線なのに ・・・
おそらくは 昼光を RGB3元色で感じる(錐体視細胞が優っている)状態から
人間は夜間の光を 悍体(明るさのみ)視する状態へと モードが変わっていること。
そして 明るさの著しく異なる範囲があると 自動ガンマ補正(つうか二重対数圧縮)を
して、均(なら)す特性があるためなのでしょう。

ここに 以前 infoプロフ日記したのを、転記します。



my dear iron-men.
by bucmacoto | 2005-02-24 20:25 | particle
wave thinking
2005年 02月 23日
c0062295_21294562.jpg揺れる想いが
こぼれぬように
 とっとっとっと

泡立つ望みが
はじけぬように
 たったかたった

静まる境いが
ぼやけぬように
 すーいすすーい

焼いて硬めようか
冷やし固めようか
 想いのダイヤモンド
by bucmacoto | 2005-02-23 21:31 | wave
- lost love song -
2005年 02月 23日

transpost from InfoseekProf.2004/10/09 14:55 (Sat)

c0062295_17364893.jpg あの子の指に 黄色い花の 小さな 指輪
 ちいちゃな 指から すぐ滑る
 でもでも 笑顔で つけ直す

あの仔は頭に 麦わら帽子 こんがり焼けて こげ茶色
 眉上に つばがくるほど 深被り
 そらそら 風にも 揺るがない

あのコが首から ネックレス 金色ダブルハートで 輝いて
 白い胸元 胸鎖関節 くっきりと
 きらきら 汗の結晶 光ってる

あの姑を射抜いた 五連ダイヤの 銀色ブランド 豪華指輪
 いまでは 弛んで 皺の谷
 くらくら ぎらぎら 手放せぬ

この娘へ プレゼントした こころの かけら
 両手 いっぱい 溢れる想い
 重いと このこは 手放した

- 失くしちゃた 思い出の 詩 -

by bucmacoto | 2005-02-23 00:39 | particle
しろいかもめ
2005年 02月 21日
transpost from InfoseekProf.2005/01/26 21:55 (Wed)

鉛色に日暮れる
浜辺にカモメ達

遠目には白くとも
傍らでは灰をかぶった
鉛の色にも見える

街の覇者
黒いカラスすら
お前は追い散らす

カモメよお前は

ツバメのように
 暖かさを求めた旅も
白鳥のように
 冷やかさを欲しもせずに
c0062295_3441216.jpg
時に美しい 青い海をすべり
時に吹き荒ぶ 鉛の海岸へ佇み
鱗のついた脚で 魚を捕らえ
曲がり下がった嘴で 餌を飲む

ツバメに似た
 流線型に流れる
つばさと
 白鳥と変わらぬ
白いつばさで

かもめは今日も
そらと海とを
流れ翔ぶ

氷点下の
冷たい風に吹かれながら
太陽に照らされた
 あの日と
変わらずに

by bucmacoto | 2005-02-21 02:21 | particle
マイナスとは負
2005年 02月 20日

transpost from InfoseekProf.2004/12/23 13:03 (Thu)
転載時一部修正
表現のみ再修正 2018.01.28

負の数は 少しだけ正の数より 多いらしい < PC内部での話し
 単精度=8bit の数では
  正の数は、0~+127の128個
  負の数は-1~-128の128個。
 零(ゼロ)が正の数のお仲間に入っているので、ひとつだけ負の数が 多くなる。

電流は負の電荷を持つ電子の流れ< 205年前Volta電池で決定,電流はプラスからマイナスへ流れる
 おかげで Ampereの右ねじの法則,Flamingの右手(起電力)左手(モーター)の法則
 ↑ 私がごっちゃに間違えやすいのは 電子と電流の向きは逆なせい < 実はお馬鹿のせい

電子が欠乏したソリッドステート(半導体)は 飢えた正孔を持つ、ポジティブ型(P型)
電子が余った結晶格子は、ネガティブタイプ(N型)
 P-N接合な境界では、PにプラスでNにマイナスな電界かけると → 電流は流れ
 プラスをN型に与え マイナスをP型に与えると → 流れは阻止される

神経の伝達は電子の流れではない(軸索通るはマイナスイオン門の開閉な波)けれど、
境界なシナプスでは アミンとコリンの粒たちが、興奮を受け渡す。

具象検証 「補数」
by bucmacoto | 2005-02-20 13:13 | particle
恋~愛
2005年 02月 20日

transpost from InfoseekProf.2004/12/23 20:34 (Thu)

ブログ詩人さんの詩を読んでいたら、初めて(?)の恋愛詩ができた < 中学レベル ^^;

 - start -

こころが飢えて落ちながら
こころを求めて燃えるとき
 それは恋だろうか

空っぽなこころにいて
浸み湧くわずかな癒しを与えんとするとき
 それは愛だろうか

時を経てなお
 こころ静まりつつ
  想い溢れ流れるときに
私はそれを
 愛と呼ぼうか

尽き枯れた悲しみが
 腐り果てし焼土に
 ぽつりと人知れず
 目立たぬように
芽吹いた若芽を
 何と呼ぼうか

さようならも
 おそれない
空っぽな寂しさも
 震えぬ涙で抱きしめる

私はそれを
 何と呼ぼうか


 - fin -
by bucmacoto | 2005-02-20 10:08 | wave
misty snow
2005年 02月 20日

transpost from InfoseekProf.2005/02/11 23:06 (Fri)

c0062295_314083.jpg冷えきった細雪が舞い降る
霧の雨のように
ミストサウナの水滴のように

空間を埋め尽くし
街燈の放射を受け止め
光の粒子は際立つ

耳には聞こえず
心濡らす音を残し
misty snow が
空を覆う
by bucmacoto | 2005-02-20 02:52 | wave
つくってしまったので とりあえずはご挨拶!
2005年 02月 19日
これまでブログチックな内容を Infoseekプロフィールに書いていました。
文字数制限が厳しいというのも それで投稿が蹴られるたびに見直す契機とはなっており、それはまたそれで よい面もありました。
100投稿以上は自動消滅してゆくのもそれはそれで納得の仕様。
ただ、インフォシークにログインしているメンバー以外は、コメントが書込めない。
記事別にコメントができない < これは内容見れば判別可能
浮動フローな情報について記事内容を寝かすには 手ごろ。
熟成を完成させるには手狭(てぜま)。

というわけでぇ~ エキブロ発進しま~す ♪

◎善意による情報提供は行いますが 悪意による情報操作は行いません。

post script
by bucmacoto | 2005-02-19 23:59 |   retro/post