人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< おやばか 花と故郷(little tri... >>
花と故郷(little trip 日記録2008.4/26-29#2)
2008年 04月 30日
帰ってきた今の赴任地はまだ桜蕾もほころんではいなかった。
しかし明日は夏日の予想気温なので、一気に開花することだろう。

郷里はまだまだだったが、札幌~芦別などはもう桜が散りはじめていた。
富良野~美瑛がちょうど盛りだった。

そういえば、上富良野近辺で目にした農家の庭先こいのぼりには度胆を抜かれた。
だって一ダース!ものこいのぼりなんですよ。 縦ですよ!洗濯物みたいな横じゃなく。
レンタカー返却時間が超過なので撮らなかったのだが、帰ってきてから激しく後悔 w
北海道の春の風物は、桜と梅とこいのぼりが一度にやってくることだろうか。

札幌(寺の境内 と よく通っていた市民プール敷地の植栽 と 散り際の霊園桜)
c0062295_20354889.jpg

c0062295_20364996.jpg

c0062295_20414275.jpg





札幌 かつて幼稚園児だった娘と手を繋いで散歩もした自宅そばの名所(クリック拡大)
c0062295_2054883.jpg
c0062295_20542866.jpg

ちゃんとゴキブリ形UFO型札幌ドームも一望できます。
c0062295_2103672.jpg

午前5時半で、もう出勤してくる人がいましたね。


美唄 廃屋傍・・・と思ったら、住人がいました ^^;
c0062295_21184384.jpg

私と同じかご年配。 綿入れどてらを羽織った彼の話では、植えたのではなくて自然に生えてきた桜だそう。
(自分の肩の高さに掌を下向きにかざし)「これ位だった樹が、こんなにでっかくなったんだ。」 という。
それではこの樹と一緒に育たれたのですね。 と、たちしょんを咎められたかのように相槌を打つ私。
「ああ、おやじも、おふくろも、この樹を見ながら俺を育てて、毎年毎年この樹を見てたな。 どっちももう死んじまったが。 この樹を眺めながら死んでったなぁ」
なんだか話があらぬ方向に進み、彼の目にちょっとだけ反射を感じたのは気のせいか。
「ここはほら、ちょこっと盛り上がってて、以前は回りにずーっと樹があったんだけどおやじがぜーんぶ切っちまってマキ(薪:燃料木材)にしちゃったからな。 いまじゃ道路からこの樹だけ丸見えだもんな。」
道路から見えたこの桜が綺麗だったので、無人かと思って入ったという私にこう説明してくれた。
無断で敷地に入り込んでの撮影を詫び(彼は快諾)、車に乗りながらこう思った。
(あの樹は、本当に自然に生えてきたものなのだろうか・・・)


上砂川町か歌志内市(日本一人口の少ない市)
c0062295_21375843.jpg

c0062295_21414221.jpg

盛りを越えたこの桜の近くに隣接して、すっきり質素な桜もいた。
c0062295_2146618.jpg

曇天なのが悲しい・・・


芦別 この巨大観音は、若者には理解し難いセンスだろう。
c0062295_21483496.jpg
しかし、奈良・鎌倉の大仏だって、N.Y.自由の女神だって似たようなものだとも言える。(なのか? ^^)
c0062295_21533997.jpg

こちらの鳥はホトトギスかウグイスか、考えあぐねたなんて人には言えません。。
c0062295_21562445.jpg

こちらは、自生している水仙が珍しくて撮ってみたc0062295_2039877.jpg
c0062295_2244066.jpg

c0062295_2245645.jpg

ふむ。 こぶしはちょっと桜に遅れる樹種のようだ。


こぶしとさくらと観音と新緑(曇天が恨めしい)
c0062295_22133948.jpg



カナディアンワールド(入場無料)では人影もなく音楽だけが流れていた。
c0062295_22164490.jpg

百人以上のメンバーなら貸切りにさせて貰えそうだ。。
百万以上も出せるなら、彼女への貸切遊園地プレゼントも実現できそうだ。。。
c0062295_22202644.jpg
残雪が残る山で、尖った木々に囲まれて、お前(桜)はけなげに咲いていた。

実はカナディアンワールドに迷い込んだのは、カーナビの誤動作or運転者の誤認が原因。
そしてこの山桜は季節通行制限を「季節制限はありません」と断言したカーナビ君のおかげ。
c0062295_22291510.jpg

閉まったゲートの前にいた開発局の車から、上品な紳士がバツ印をくれた。。。
5月28日通行開始(予定)って・・・どう考えてももう雪なんてないだろうと思った。


富良野芦別道立自然公園の一角 エゾヒガン桜のうなじ
c0062295_23574834.jpg
樹種看板があったからこれは間違いなし ^^v
葉っぱと蕾と花弁が同時に存在するのが、山桜好きには魅力である。
無論、ソメイヨシノのような端正かつ優美な桜も美しいが、私はちょっと素朴だったり強めの紅色だったり小ぶりだったりと、どうにも奔放なこの桜が好きだ。

砂利坂を上ると、満開直前の頃合いでいっぱいの桜がありました。
c0062295_015975.jpg

c0062295_022250.jpg

c0062295_094855.jpg

c0062295_0244587.jpg

c0062295_0172291.jpg

桜づくしで、おなかいっぱいかも ^^


富良野 ここは満開の見ごろ
c0062295_027820.jpg

校庭に侵入(立ち入り禁止じゃないかい?)
c0062295_030462.jpg

コントラスト(対比度)・彩度・シャープネス(鮮鋭度)を上げるとさすがに不自然。
 Exif情報 : Contrast - Hard / Saturation - High / Sharpness - Hard

春の季節ゆえか、薄雲りのためか、十勝岳連峰の山波も霞んでいた。
c0062295_0372755.jpg

Wikipediaに記載はないが、この大雪山系の十勝岳のほかに日高山脈南方にも十勝岳(1457m)の名称が存在する。
 大雪山系は火山群で、日高山脈は造山運動(プレート境界のもり上がり)に由来する。
by bucmacoto | 2008-04-30 22:36 | particle
<< おやばか 花と故郷(little tri... >>
<< おやばか 花と故郷(little tri... >>