人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< 極座標 と 直交座標 wave thinking >>
とりあえず
2005年 02月 24日

おつきさま

c0062295_20244156.gif

ただ それだけ... ^^;



月夜を見上げると 夜の明かりが何もない場所でも、
まるで昼間のようにくっきりとした影が照らし出され、
川面が光り、顔面が蒼白に明るい、
父の故郷 の 夜の月景を 思い出します。

月の明るさに照らされて 光る雲は 眼には明らかなのに、カメラにでは上手に写ってくれません。
肉眼では光量を対数圧縮して感じて → カメラもそれと対応した感度曲線なのに ・・・
おそらくは 昼光を RGB3元色で感じる(錐体視細胞が優っている)状態から
人間は夜間の光を 悍体(明るさのみ)視する状態へと モードが変わっていること。
そして 明るさの著しく異なる範囲があると 自動ガンマ補正(つうか二重対数圧縮)を
して、均(なら)す特性があるためなのでしょう。

ここに 以前 infoプロフ日記したのを、転記します。






my dear iron-men.

transpost from InfoseekProf.2004/09/28 23:09 (Tue)

釣りが大好きだった iron-man
いつも 少ない釣果なのに
毎年のように 釣り船に乗る度に 遊びに来てくれた
あなたの運んでくれた 湾曲鉄骨は
いまも 何代目かの 車と
二十何年前に そこに置かれたか知れない 古老な機械を
雨風から護り続けて 弧を弛ませず
錆び止め剥がれた 赤茶け色で
二階の屋根を 支え続けて 頑張り続けています

あなたが 残した8ミリフィルム
今ではもう 数年に一度 家族だけでの映写
それでも 私は いつでも思い出す
いつまでも 憶えていることでしょう
柱と柱を結んだ ロープに 掛け下げた白いシーツに
あなたの撮った 映像が 映し出された
あの日の 驚きを 喜びを そして
ちょっとだけ得意そうな
あなたの 眼鏡の向こうにあった 瞳を

うん・・・ つまりは こうかい?
事実&現実 と 概念&明言とが 一致してこそ 真実
その一致具合を 定量する ドグマ対峙が科学の原点
神話の子 = 宗教と哲学 それを父母に持つ科学
その成長を揺籃する その姿勢が science の本質 … と
ふーん ・・・ 『科学教』というわけだ ^^
僕の稚拙で 少年そのままな考えを
僕よりも 僕が分りやすくなるように
僕に 示してくれたね ミームという概念で

いちばん心配してくれていた と後で聞いたよ
メールに返信が なかったから 無限循環思考してた
あの人 から 何かの示唆が あったのか … なんて
考えても結論無い 確認不能な仮定ばかりを 検証試してた
メール返信無いと いつまでも 気にする癖がついちゃったよ
君とは もう 心の中でしかお話できないんだよね
ドライアイスで冷やされた 君の手を身体を確かめたのに
なんだか あれは幻であるかのように 記憶されている
計算できるのに 計算高くない もうひとりの iron-man

   想い出の中に 棲んでくれている 鉄の男たちへ

    - 月冴え渡る夜に -
by bucmacoto | 2005-02-24 20:25 | particle
<< 極座標 と 直交座標 wave thinking >>
<< 極座標 と 直交座標 wave thinking >>