人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< 大人たちを責めないで image sensor >>
いろはうた
2006年 02月 27日
第二次大戦より前(いわゆる戦前)に、広く国民教育に使われていたものが三つあります。

ひとつは、いろは歌。
ふたつに、教育勅語。
みっつに、・・・・名前忘れちゃった(大ボケ!) < 儒教っぽい道徳律

終戦後の漢字簡略化や かな文字の統合で、旧仮名遣い(わ行の ゐ&ゑ)が入る 「いろは歌」 は、学校教育の場からはほとんど姿を消しました。
私も小学~中学校の時期に、月の異名(睦月如月…)や旧国名(陸奥陸中羽後…)と共に一度は憶えようとしましたが、結局忘れていました。
 * あの頃に憶えて、生き残った記憶は、十二支(ねうしとら…)くらいのものでしょう。
教育勅語のほうも、現在80歳以上の方々にあっては、一部を諳んじる事ができるご様子です。

いろは歌の全文は,
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす
これは漢字を示すと分かりやすくなります。
また、仏教説話(いわゆる御伽噺?)の中で、トラが教えたという言句(雪山偈:せっせんげ)にある言葉と対応する内容だそうです。
c0062295_2010624.gif


驕(おご)る平家は久しからず...
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
 これは、びわ法師が語る平家物語冒頭

私は学生時代を通じてマルキスト(マルクス・レーニン主義者)の原点に憧れましたし、その一方で不本意ながら仏門に属したこともあります。
戦前の軍隊教育,ドグマチック(教条主義)な指導教育には、嫌悪感と拒絶感も強くあります。

それでも、ムツゴロウさんが書き残したような 旧制一高校(現東京大学教養学部)のバンカラと知性と神経質との共存する時代は、多くの人間が一度は通ってきたほうが望ましいと思うのです。



嵐を経験しないものには、お飾りに過ぎないような教養であっても

死を遠ざけたいだけのものには、いのちを軽(かろ)んじるかに見える蛮勇であっても

正解とされる回答をすることのみ価値を感じるものには、繊細すぎる共感であろうとも



*注* 私は 低学歴・低所得・低慎重 の3低には、自信がございます。< 見かけ倒し w

by bucmacoto | 2006-02-27 21:03 | particle
<< 大人たちを責めないで image sensor >>
<< 大人たちを責めないで image sensor >>