人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< ski seasons 記憶 と 好み >>
天空の星
2005年 12月 23日
昨夜は職場の忘年会で、下宿の夕飯をキャンセルしていました。
今日の下宿は、食事も入浴もお休みですが、下宿のおばちゃんから冬至だということでかぼちゃ料理と林檎の差し入れがありました。
「ちゅうぶ(中風:中気とも 脳血管障害による卒倒) にあたったらいけないからさあ。 あっはっは♪」 というありがたい心遣いです。

アストロカレンダーの冬至の項を読んで、平均太陽日のことを知らなかったことに気付きました。
冬至が決して 『日の出時刻が遅く+日没が早い』というわけではないのは、日の出時間と日没時間のグラフから知ってはいましたが、平均太陽日で時刻やカレンダーが定義されていたことは知りませんでした。
高校の地学で習ったということですが・・・ その時期、地学は興味なくて・・・
でも、天文部だったのに知らないってのも変! < 幽霊部員だったからなぁ(笑)

火星が早い時間に高く昇ってくるようになったことは、気付いていましたが、光度がそれほど(1/4程度)に暗くなっているとは気付かなかったです。
秋に日没時に光っていたのは、宵のビーナス(明星)=金星でした。
これも 太陽が沈んでから位置に開きがあったので、秋空の変化デネブかな?という調子でした。
 元・天文少年気取りの私も、未熟なまま枯れちまったってことですね(苦笑)

土星の季節だそうですが、望遠鏡がない私には輪を観察できないなぁ...
大犬座のシリウスと オリオン座の三ツ星くらいは、年末に子供に教えてやりたいものです。
  シリウスが連星系だってのも、読むまで忘れてました ^^;

つーか、シリウスの見つけ方、忘れてるし(汗っ;見上げりゃすぐ見つけられると思うけど
冬の大三角形だって、ぜんぜん憶えてないしぃ(げろげろ
温故知新どころか 廃故痴新でわないか(大汗;;;
by bucmacoto | 2005-12-23 19:35 | particle
<< ski seasons 記憶 と 好み >>
<< ski seasons 記憶 と 好み >>