人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< ほんのすこしな偏り Love:愛 ⇔ 憎しみ:Hate >>
わかりやすい名前つけ
2005年 04月 13日
*この投稿は 論評ではなく 妄想話であることを ご承知おきください。

明日から番号でおよびします!
いよいよこの動きが始まった。
本名を安易に呼ばれること も 病名・病状を不本意に公開されることも、
どちらも 本人意思に背いては行われない。
 当然といえば当然だ。

問題は 「番号」という コンピュータ機械にとっては 間違いの少ないラベルを、人間がそのまま使用できるか?
 憂いあるのは この点であろうか。

ヒトは 無機的なラベルは区別がつかない。
 いちまるいち番 と いちまるに番 とは 大して違わない。
 いちまるしち番 なんて最悪の間違いをしでかしかねない。
コンピュータ計算機には 「101」と「101」すら 完全に異なる(ビットは別物)
 そういう 「人間にとっては当然の同一視」 を ひたすら機械にプログラムして作りこんできた。
 機械を人間に近づける努力を重ねてきたわけだが、今後は人間を機械化する方が容易なのか…
多くのヒトは自分の番号すら 病院を出た瞬間に おそらくは憶えてはいないだろう。
 情報を密閉・密室化しようとすると 個を弁別するためには 使い捨てネームしかなくなる。

銀行などで 番号札による個人情報漏出制限(例えば **口座に入出金を発見! ←この防止)は
これまでにも実績はある。 < 病者もいるが 健常者がメインである
しかし 病院を受診するのは病者であり高齢者比率がより高い。
 「109さ~ん」 よりも 「とうきゅうさ~ん」の方が きっと認識は容易であろう。(笑)

本当の名前を公にすることは 己の生命力・魔力を失うことに繋がる。
 ↑ このように いにしえの者は考えていたという説もある。(伝聞だから不確かだが)
本名であると、(望まないものにとって 公開自体が)不利益であるとも考えられる。
一方,無機質な自動発番であると誤認というリスクを抱え込む。

このため、あーせい厚生労働省は 以下の対策を提示した < ぉぃ^^;
◆将来はICタグを全国民に埋め込むべく 文部科学省と検討を重ねる <基本ビジョン>
◆暫定的に来院患者さんへ装着する認識標識を大量調達し配布する <暫定対策>
◆上記の運用については
  家畜管理で実績ある = 農水省
  コンビニ物品タグ管理に明るい = 経済産業省
  荷札を正確迅速に仕分けする流通業を統括 = 国土交通省
 それら関係諸省庁に指導を仰ぐよう 各監督省庁(保健所等)に重ねて要請した。

◎基本ビジョン・暫定対策 ともに国民に受け入れられない場合には ニックネーム使用のこと。
 例示
 ◆草木ニックネーム : さくら,うめ,かえで,ぼたん,白樺,もみ,松,竹...
 ◆お山ニックネーム : 富士,大雪,いわき,磐梯,赤城,那須,鳥海...
 ◆片仮名ニックネーム : ハイジ,ジャン,ポワロ,ハイネ,アンネ,アン...

消息筋はこの件に関し短いコメントを漏らしたという。
 「ミドルネーム(クリスチャンネーム)を持たない日本人が ニックネームを持つのもまたよい」
 「その名を 与えられたものではなく 自ら選び取ったものであるという点で 西欧に伍するであろう」
 「南蛮渡来のからしは唐ガラシ,洋からしはマスタード,和魂から死はホーム冥途」

・・・なおこのコメントをうっかり漏らした御仁は 即刻更送されたという。 < 南無ナム
 個人情報保護以前に 組織情報保護を強制する風土改革が先ではないかと 外科的思考を口にしたのが災いしたという説もある

*いじょう妄想ばなし (完)
by bucmacoto | 2005-04-13 20:30 | wave
<< ほんのすこしな偏り Love:愛 ⇔ 憎しみ:Hate >>
<< ほんのすこしな偏り Love:愛 ⇔ 憎しみ:Hate >>