人気ブログランキング |
- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< 春が芽吹いた 私の誓い >>
こころを育てる
2005年 04月 02日
私は教える(教え込む)よりも
育む(成長させる)ほうを選択する。
 (選択の余地があるならば)

昔読んだ日経サイエンスの記事中にあった
モラルの成長過程

1.義務として与える
2.権利として付与する
3.責任として自覚する

倫理行動は段階を進むにつれて 良く守るようになってゆく < 統計データの上では

1.やらなければならない or してはならない < 見ているぞ

こういう縛りよりも、

2.やってもよい < 見ていないから

こういった許可の方を
そうして

3.(誰が見ていなくとも)ボクはやる!

こういった決意が 遵守を引き出すのは アメリカ文化による影響があるかも知れない。


西洋文化(合衆国) と 東洋文化(インド)との比較も興味がでました。
両者に共通するのは人を殺す とか 嘘をつく ことへの嫌悪感。
違うのは

 西:個人的なモラル → 普遍的なモラル
  家のしきたり →→ 社会のルール

 東:普遍なモラル → 個のモラル
  世界・社会規範 →→ 私的信条

人は成長(老化?)と共に 固まる部分は必ずある。
その固まり具合っていうのが、文化によって影響されるというのも 面白い。
by bucmacoto | 2005-04-02 00:12 | particle
<< 春が芽吹いた 私の誓い >>
<< 春が芽吹いた 私の誓い >>