- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< mild - moderate... 漸化式 >>
Safari 導入
2009年 06月 14日
私は意外と、ソフトウエア選択は保守的だ。

無論、若かった頃には 「何が何でも最新版を入手したい病」 に罹患していた頃もある。
けれども、新たな環境への適応能力の低下と共に、「間に合わせられるなら、手になじんだものが安心」 という態度が身についてきた。

かつては、マーケティングに影響される面もかなりあった。(そうならないように心がけていたにも関わらず、だ)
今では、『速度の向上! 最新の機能! 標準技術の網羅と、次世代標準のいち早い取り入れで、より快適な環境をあなたに!!』 なんて言われても、あまり反応できなくなってきた。
口コミ情報にしても、時には自分のPC環境にそぐわない評価だと そう思う機会もあったから。。

それでも、今回 Safari 4 を初めて導入する気になったのは、The Acid3 Test で公開版が100点合格したと知ったからだ。

 このテストの沿革はこちらに簡潔解説 > Acid3 - Wikipedia

Safari / Google Chrome で採用された、レンダリングエンジン Webkit 自体は、昨年 2008.09/25 時点で100点合格だったらしい。


で、Firefox で試してみると、71点/100点だった。
なので、Ver 3.0.11 に更新してみたのだが、その直後にわずか1点の向上だった。 しかも現時点ではなぜか 71点に戻っている (?_?)

c0062295_1375890.gif


。。。ちなみに、マルチメディアコンテンツや、Firefox非対応サイト、Hotmailアクセス(今ではGmail経由で読める──方法──のでほとんど使用しない)、といった用途のために標準ブラウザとしたままの Internet Explorer 6 では、12点/100点 という凄まじい結果だった。 ( LINKTEST FAILED が表示され、最終エラー内容は下記となる)

c0062295_13192643.gif




Safari 4.0 公開版導入してみると・・
c0062295_1320149.gif


さすがにレンダリングは安定している。
Firefoxで不満のあった、縮小表示画像があるとスクロールが引っかかる感じも少ない。 (ただしFirefoxのほうでも、現在は改善されてきている感触あり)
私のところで多用されているマウスオーバー(アンカータグのhover機能流用)での表示も、IE6以上にきびきびしている。 それに、やや無茶っぽいスタイルシート指定でも、まともに解釈してくれるようだ。
 ※このリンクは参照用なので、別窓を開くようにしてます。
 北の夢想科学小説 : フォト部分拡大実験(へっぽこ)
 はみ出し表示の例

ホットメールの受信ページは、現在は表示のみしか見ていないが、問題ない様子。
キーアサイン(キーボードショートカット操作)は、Firefoxとほぼ同様なので違和感はない。
マルチメディアコンテンツの受信と再生も、Firefox/Mozilla の WMPプラグインを流用しているらしく、再生自体は可能。 (再生開始後のウインドウサイズ変更に追従しないのも Firfox内再生と同じ)
Youtube動画を複数鳴らしたときでも、ほとんど音飛びがしないように思えたのも感心した。

問題となるのは、日本語表示。 Windows XP でフォント・スムージングが 「OS標準」 であると、日本語表示がおかしくなる。 対策は [Safari4 文字化け] 検索 で容易。
私の場合もしっかり文字化けが出現したが、「フォントの滑らかさ」 の設定を、OS標準から外してしまえば正常表示となった。

c0062295_14242469.gif

c0062295_14262574.gif
circle_red100.gif
表示タブを選択



ここまでは、問題のない範囲。 ここからは問題点。

・・・とはいっても昨夜インストールして、今日は朝から職場仕事をちょっとだけした後で触っているだけ。 その範囲内だ。

エキブロで最も有益な機能と個人的には思っている ブックマークレット で、日本語URLの処理がうまくない。
 ※ ブックマークレットは、エキブロガー限定の機能。 エキブロの [設定] - (左カラム内下から2番目)[ブックマークレット] に設定方法がある。

ページタイトルばかりでなく、取得URL内に2バイト文字があるとおかしなコードを吐き出す。
これは、IE6以下の動作と感じるが、OSのユニコードを読み違えた結果にも思えるのでひょっとしたらVistaでは発生しないのかもしれない。

Safariで取得
<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%u30E1%u30A4%u30F3%u30DA%u30FC%u30B8" target="_blank">Wikipedia</a>

アドレスバーで文字列をコピーした結果は → http://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ

IE6 / Firefox 3 で取得,
<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8" target="_blank">Wikipedia</a>

アドレスバーで文字列をコピーした結果は ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
※ Firefoxでは、表示上 Safariと同様(日本語部分が「メインページ」)なのだが、コピーすると そのままどこに貼っても正常動作するようにURLエンコード(当ブログ内関連記事)されている。 この辺りの使い勝手は Firefoxに軍配が上がる。



もうひとつ不満に思った点は、エキブロで記事投稿するに際してのカーソル位置の扱いだ。

ひとつは画像アップロードでの挿入位置が、カーソル位置ではなく編集テキストボックスの最後になってしまう点。

もうひとつも同様な現象なのだが、編集途中の文字列を選択(文字列表示が反転)していても などで指定した途端に反転選択部分のハイライトが外れ、編集文章で範囲指定されない点だ。


自室では、PCで書いてる99%以上の文字はエキブロ(ブラウザにて直接入力で投稿)だ。
エクセルもワードも、職場以外ではほとんど触れない。 画像だって、irfanviewでリサイズしたり画面キャプチャを整形する程度のものだ。

なので、この点が残念だと思った。
書き込み用テキストボックスの、右下をつまむと自在にエリアを変更できる機能が、嬉しいだけに残念だ。

 さらにちいさな不満としては、英文字列ダブルクリックで範囲選択した場合にアンダーバー(_)も跨いで反転してくれる(これはよい ♡)。 ところがその文字列をコピー(ctrl+C)してペースト(ctrl+V)すると空白スペースが文字列の最初に自動挿入される仕様ってのに、戸惑ったという点も挙げられる。


あとは、検索エンジン拡張で wikipedia や エキサイト辞書 に、検索文字列を送る使い方をできていないのが問題だ。

でもこの調子だと、NC4.7(ネットスケープ社のブラウザ)以来、長らく標準ブラウザとして設定し続けていた Internet Explorer も標準役から降板するようになるかもしれない。
現時点でも、ブラウジングは Firefoxばかりに近い。 (古いページなどで表示が崩れた場合や、前述のようにマルチメディアサイトのみで IE使用)

旧サイト閲覧用にだけ IEなので、IE8とか使うつもりは現在のところない。 PC買い換えるまで、このままのバージョンで使用し続けるのだろう。


・・・つうか、3Mbps以上のストリーム動画だと、一度HDDに記録してから、WindowsMediaPlayer単独で再生したとしても、 コ・マ・お・く・り になっちゃうのって、、、、(悲)

時代は、core 2(quad) / dual-core ってことなんだが。。。。まぁ、TV役もオーディオプレーヤも全てこのPC1台で使いまわしているわけだから、ぎくしゃく動いちゃうのも諦めていたのだが。。。単独再生でもHD動画ってのは無理なPCなんだよなぁ。。うん。

c0062295_16543442.gif

Windows7の後継OS(マイクロカーネル)が出た時点で、旧型となったWindows7機で、安定性と大容量メモリ環境を入手という辺りが、私にとって狙い目になるのかも知れない。 (いつまでまつつもりなんだい w)
[PR]
by bucmacoto | 2009-06-14 16:57 | particle
<< mild - moderate... 漸化式 >>
<< mild - moderate... 漸化式 >>