- 北の空からみなみへ -
exblog staff

タグ:気象 ( 6 ) タグの人気記事
大暖気の大寒
2010年 01月 21日



立春

雨水

啓蟄

春分

清明

穀雨

立夏

小満

芒種


夏至

小暑

大暑

立秋

処暑

白露

秋分

寒露

霜降


立冬

小雪

大雪

冬至

小寒






※右はWikipediaのソースより転記

午前2:20の気温が -1.1℃
午前2:30の気温は +3.1℃

わずか10分で4度以上の気温上昇を記録した大寒の日だった。
1月の気温としては、観測史上の最高気温となる 8.8℃を日中に記録したそうだ。

大寒の前日まで12日間を真冬日で推移して、大寒の日に4月並の気温となる。。

予定とか、推定とか、経験則とかって、参考になっても根拠にならない記憶なのだろうか。
[PR]
by bucmacoto | 2010-01-21 00:48 | wave
連続14日間の真冬日
2009年 12月 30日
エルニーニョ気味なので、教科書的な記述どおりなら、暖冬となるはずだ。
(逆にラニーニャだと季節風が強くなって、猛暑と寒冷・豪雪となるのがセオリー)

けれども、今年の冬はまあまあ本格的に推移している。
根雪になるのは遅れた(私が自転車をひっくり返して格納したのは23日)ものの、今月13日の13:10~28日の11:10まで、14日と22時間の間、氷点下の気温が続いた(10分間隔アメダス計測)。

気象庁ページからExcelで読み込んで作ったグラフでみるとこんな様子だった。

c0062295_22125170.gif

この期間の平均気温は -4.8℃、最低 -10.6℃、標準偏差 ±1.94℃、積雪は最深で18cmである。

気象庁のサイトのグラフを転記しただけだったら、手抜きとされる冬休みの宿題も、10分間隔グラフをプロットするとなんとなく演習作品みたいになるものだ。

more
[PR]
by bucmacoto | 2009-12-30 05:00 | wave
いよいよ冬になるらしい
2009年 12月 13日
温暖前線が日中に通過して気温は急上昇。
雨模様となったので、図書館へ行こうと玄関へ出てみたものの引き帰した。
雪よりも雨のほうが外出意欲が確実に減退してしまうのは、道産子のサガといえるのかもしれない。

天気予報を開くと、来週は一週間ぶっ続けの真冬日(プラス気温がない)という予報だった。
1ヶ月予報でも、12月中は平年並み(北日本)から低温(東日本以南)という予報のようだ。

<本日>
時刻 気温
時 ℃
1 -6.6
2 -6.9
3 -7.7
4 -7.0
5 -5.9
6 -5.0
7 -4.9
8 -4.0
9 -3.1
10 -2.1
11 -1.2
12 -0.4
13  4.1
14  3.3
15  2.7
16  2.1
17  1.7
18  1.2
19  1.0
20  1.2
21  1.3
22  1.4
23  4.0
c0062295_2317413.gif



そして週間予報は。。。
[PR]
by bucmacoto | 2009-12-13 00:20 | wave
夏と秋の狭間 (散漫絵日記20090826)
2009年 08月 27日
忘れかけていたが、図書館で新聞を見て気づいた。
今夜は 伝統的七夕の夜 である > 北の夢想科学小説 : 7・7

時には司書の人数が来館者を上回る田舎の小さな図書館だが、字統(平凡社 白川静 著 2004初版 2005第二刷)も置いてあった。 館内閲覧書で貸し出しは禁止。 読んで面白い辞書だった。

図書館から出ると、雲が天空を広く覆っていた。 東に木星は見えるが、アルタイルもヴェガもデネブも天の川銀河も見えない。
雲の上、衛星軌道ならきっといつでも晴れなのだろうけれど。

そういえば、対流圏と成層圏との境界付近を吹く偏西風(ジェット気流)に乗って40時間でアメリカに到達すると言っていた風船おじさんのファンタジー号は雲間に消えたまま、どこへ消えたのでしょう。 お星様になったのでしょうか。。

ああそうそう、かの大戦時には風船爆弾 - Wikipediaのような兵器もあったのだった。


昼休みに公園でキノコを見つけた。

c0062295_8145082.jpg

c0062295_8152224.jpg


more (画像たんまり おもいよぉ)
[PR]
by bucmacoto | 2009-08-27 08:19 | wave
冷夏予想2009
2009年 07月 24日
気象予報でついに(やっと?)冷夏予想がでた。

 エルニーニョで冷夏の恐れ 8月、北日本中心に | エキサイトニュース
c0062295_0385972.jpg


北海道のあちこちで、5月のうちから「蝦夷梅雨」なんて言葉がでていたほどに天候不順だった。
 ※ 梅雨前線ではないから、7月下旬になるまでは厳密な意味での蝦夷梅雨ではないと思われる

エルニーニョ現象の傾向ありとされてから一ヶ月以上はゆうに経過している。
やはりそうか という感もある。


 気象関係記事 > 北の夢想科学小説 : pseudo gray season

そこでこの街の今年の気温変化を、4/25~7/23の間でグラフにしてみました。
横スクロールで全体表示されます。

more
[PR]
by bucmacoto | 2009-07-24 02:02 | particle
pseudo gray season
2009年 06月 21日
今年の沖縄・奄美は5/19に、九州~東海も6/9 そして東京も10日に、入梅(つゆいり)が宣言されました。

梅雨(つゆ)は、黴雨(ばいう:カビあめって書く)という字も存在したといいます。 湿度が高いとカビの繁殖は促進されます。 逆に40度くらいになると死滅するのだといいます。 (低温には意外と強くて0度で繁殖する株もあるようです)

北海道には梅雨はありません。
しかし、蝦夷梅雨とよばれるシーズンが観測できることもあります。
本州の梅雨明けする時期から8月上旬付近まで、雲が多くて雨が多い灰色の季節になる年があるのです。


今年のこの天気は何なのでしょうねぇ。。。偽梅雨とでも呼びたくなるような灰色の季節(曇りか霧か雨ばかり)が続いています。 湿度も高止まりしていて、霧で有名な釧路か倫敦(ロンドン)のようです。

灰色のシーズンだなぁ。。 オホーツク・ブルーなんてくるのかなぁ。。という感じ。
4~5月の日照時間が例年以上に多く、200時間前後に達したから余計にそう思うのかもしれません。 (なお5月は21日までが好天で、それ以降、ほぼ連日のような曇天雨天続きです)

c0062295_1144238.gif

この日照量、梅雨真っ盛りの沖縄にも引けをとりませんがな > 那覇 2009年6月(日ごとの値)日照 グラフ

more
[PR]
by bucmacoto | 2009-06-21 12:36 | quote/data