- 北の空からみなみへ -
exblog staff

タグ:冬雪景 ( 48 ) タグの人気記事
今日はスキー場も今シーズン最後の日
2010年 03月 14日
なので、一滑りしてこようと目論んでいた。 青空だって見えている(雪もちらついている)。

しかし、朝からの強い風が凪にならないので、残念ながら諦めることにした。
アメダスの風速が、9~7mもあっては楽しめない。

3日前の夜にナイターしたのが今シーズン最後のスキーとなった。
2時間券(1600円)で20本は滑る事ができるがら空きなファミリーゲレンデだから、多少バーンが硬くても衝突の心配もない。
もっとも、ここのちびっ子たちは、わずかの尾根ジャンプでヘリコプター(横に360度の回転)を決めてくれるほど達者なスキーヤー達である ^^

ペアリフトで6回ほど隣り合わせた方は、SAJインストラクター取得していた方でした。リフトから見て『上手だな~』と思ったのも当然ですね。
(しかも私の勤務先に奥さんが勤務していて、その人も準指導員クラス=1級取得済み だとか)

転勤で3年前からこの地に来たということで、函館にも赴任していたそうでしたので、食について尋ねると 「ハセガワストアの焼き鳥弁当てりやき弁当にはお世話になったですよ」という情報を得ました。 息子の引越しで(というかそれに便乗して)函館観光した折には、ぜひラッキーピエロともども立ち寄りたいと思いました。


3日前のナイター時の気温は-4.9度でした(この日は真冬日=終日の氷点下)
固めのバーンですが、程よい締まり具合でアイスバーンとまではいえないまあまあのコンディションなのであまり春スキーっぽい感じはしませんでした。

今日も予報では真冬日です(もっとももうシバレを感じはしません。 屋根も道路も融け始め)
しかし昨日も一昨日も、最高気温はかなり高くなりました。
c0062295_12353654.gif
おそらく「冬」の定義は地域によって違うと思います。

落ち葉が落ちきってしまっって、新芽が顔を出すまで。

雪が振る可能性のある期間。

雪が根雪としてそこかしこにある間。

気温が冬日(最低気温が氷点下)になるかもしれない間。

氷点下の真冬日が続くあいだ。。。

場所によって、歴史によって、「冬」という名前の季節は決して一意に定まってはいないぼやけた実態なのだと思います。


来週には春分です。
数年前には春分の日にスキー場が店じまいしてました。 > 記事
どうやら今週はいよいよ、日中プラス気温が連日続くようになりそうです。

c0062295_12483939.jpg


スナップフォト
[PR]
by bucmacoto | 2010-03-14 13:12 | wave
雪終い(20090427)
2009年 04月 27日
c0062295_1971546.jpg

新芽にとっては初雪でしょうか

子供にとっては今シーズン最後の雪遊び

c0062295_1985319.jpg


more pictures
[PR]
by bucmacoto | 2009-04-27 19:18 | wave
絵日記20090426
2009年 04月 27日
小雪舞う中、漁協まで自転車を走らせた。
昨年世話になった弟の家へ贈答品を送ろうと思ったのだ。

けれど、到着したときジーンズの尻ポケットは空っぽだった。

途中で落とした or 部屋に残してきた、どちらかだと思われた。

急いで下宿に戻ったものの、下宿部屋には財布は残っていなかった。

今度は正確に先ほどの往路をトレースした。 全長1.5kmほどだし、もしも拾われたとしてもこの街の住人ならばそのまま警察に届けてくれる可能性が高いと思われた。 (過去に自転車に載せたままの荷物や買い物袋が消えたことは一度もない。 カラスに食い荒らされたことはある。)

c0062295_145324.jpg
無事に拾って回収できた。
めでたしめであたし ♪

落としてしまってから回収までの時間は、20分ちょっとといったところだろう。
人通りが少ないというのはこういう時にとても安全で安心な環境となる。

断続的な雪は夜の氷点気温で・・・
[PR]
by bucmacoto | 2009-04-27 01:58 | wave
日記録2009.02/09
2009年 02月 11日
まずは家計簿(つうか請求書)

c0062295_23273533.gif

ほっほぉふっふぅ。 灯油2リットルで大寒を越えたぜ ^^v


日曜夜は営業休止で挫折したので、この日こそナイタースキーにいってまいりました。
左1指基節骨遠端部(MP関節の近井側)受傷後では初めての滑りです。
日曜夜に職場の宿直のおじさんに母指をみせて、こんこん叩かれても響かなかったので安心して出かけました。 (このおじさんマッサージの心得があり、私にとっては首痛やぎっくり後遺症の最終避難所=神の手なのであります。)

月が雲間に見えるほど、向かったときは穏やかでした。

c0062295_23391983.jpg


やがて。。。
[PR]
by bucmacoto | 2009-02-11 00:37 | wave
ライティングから受ける印象
2009年 02月 08日
スキーに行こうと担いで向かっている途中にふと気付いた。

ここのスキー場は、経費節約と勤務状況改善のため(?たぶん…)日曜夜のナイターはやっていないのだった。。。orz...


なので散歩に切り替えた。 スキー装束なので汗ばんだ。 外気温は-6度だった。
流氷はまだ接岸しておらず、カクテル光線でライトアップしている公園の樹木を撮ってみた。

c0062295_2224957.jpg


ここに赴任した直後に撮った流氷のVTRを、娘たちは「南極みたい」と言った。
この公園の半ば幻想的な光景を、「なにこれーぇ。気持ち悪ーぃ。」と言った。

日常と違った光景は、心躍らせる場合もあれば、気持ち悪いと思う場合もある。


色使いの自然さ、照明光の鮮やかさというのは、不自然さの強調ではなくて自然さの演出に徹することなのかもしれない。

前日朝の窓ガラス
[PR]
by bucmacoto | 2009-02-08 22:58 | wave
four little girls
2009年 01月 24日
三人寄れば姦しい(かしましい)といわれる女の子。
木々は集って林になってやがては森となるという。
女5人ならおなごとなろうが(ぇ?)、4人では子女の集まりなんでしょう。
よく通る声で、にぎやかでした ^^

c0062295_19213855.jpg

c0062295_1921566.jpg


透明な水蒸気が、凝集して雲となり、透明な雨粒は虹となる。 白い結晶は雪となる。
光を遮り影ができるのか、闇を切り裂くから光であるのか。。。なんてことは考えるものではなくて感じ取る程度で充分なんだろう。

c0062295_19221747.jpg


透明な雨粒が光に輝いて虹になる。
ダイヤモンドダストは光中を舞い踊ってサンピラーとなる。

いつかしっかりとしたサンピラーを撮りたいものだと思う。
こんな雰囲気の写真が好きなのだ。

 白金の森から : 指 針

 北海道マニアックPHOTO2 : ゆきげしき

 追記@01/30)photoseason's blog 光のダンス

More(目にした動画)
[PR]
by bucmacoto | 2009-01-24 21:03 | wave
月日雪(絵日記録2009.01/18)
2009年 01月 18日
左親指の付け根(第1中手骨MP近位側)受傷後2週間が過ぎた。
シーネ固定を外してもかなり動かせるようになったので、それで撮影に出かけてみると親指の角度次第で痛いときがある。 戻って左右を見比べると、固定を外した時よりほんの少し腫れもある。
c0062295_1044545.gifという略字(元は草書体とか)ってJIS第4水準までにないのね・・・^^;


外は晴れ。 目覚めの時、窓からの観月。

c0062295_9194179.jpg
06:32撮影
ImageDescription - OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Make - OLYMPUS IMAGING CORP.
Model - SP550UZ
Orientation - Top left
XResolution - 72
YResolution - 72
ResolutionUnit - Inch
Software - Version 1.1
DateTime - 2009:01:18 06:32:09
YCbCrPositioning - Co-Sited
ExifOffset - 996
ExposureTime - 1/60 seconds
FNumber - 4.50
ExposureProgram - Manual control
ISOSpeedRatings - 50
ExifVersion - 0221
DateTimeOriginal - 2009:01:18 06:32:09
DateTimeDigitized - 2009:01:18 06:32:09
ComponentsConfiguration - YCbCr
CompressedBitsPerPixel - 4 (bits/pixel)
ExposureBiasValue - 0.00
MaxApertureValue - F 2.80
MeteringMode - Multi-segment
LightSource - Auto
Flash - Flash not fired, compulsory flash mode
FocalLength - 84.24 mm
UserComment -
FlashPixVersion - 0100
ColorSpace - sRGB
ExifImageWidth - 480
ExifImageHeight - 270
InteroperabilityOffset - 1714
FileSource - DSC - Digital still camera
SceneType - A directly photographed image
CustomRendered - Normal process
ExposureMode - Manual
White Balance - Auto
DigitalZoomRatio - 0.00 x
SceneCaptureType - Standard
GainControl - None
Contrast - Hard
Saturation - Normal
Sharpness - Normal

Maker Note (Vendor): -
Mode - Normal
JpegQual - High
Macro - Off
DigiZoom - 1.00 x
Software Release - D4321
PictInfo - [pictureInfo] Resolution=2 [Camera Info] Type=D4321
CameraID - OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Thumbnail: -
Compression - 6 (JPG)
XResolution - 72
YResolution - 72
ResolutionUnit - Inch
JpegIFOffset - 8180
JpegIFByteCount - 1236


more pictures
[PR]
by bucmacoto | 2009-01-18 11:55 | wave
水に氷を浮かべまして。。。
2009年 01月 17日
 緊急トラックバック企画!【ある日の水面】

c0062295_2142379.jpg


こちらの記事で企画を知りました。

 > アサリ漁


昨年の記事に載せなかった画像の使い回しです > (絵日記2008.03/02)
[PR]
by bucmacoto | 2009-01-17 21:56 | quote/data
半ドン日は図書館で日経ちょい見
2009年 01月 17日
空から降るは、黒い雪 < 逆光だとそうなる

c0062295_1926232.jpg
 画像のアスペクト比は 5:4



晴れのホワイトバランス(WB)だと、夜の雪は碧(ミドリ)を帯びる。

c0062295_19304882.jpg
 画像は正方形



図書館帰りに金色の金星を銀色の看板から覗き込んでみた。WBは白色蛍光灯

c0062295_1932482.jpg
 画像のアスペクトは 9:16


アスペクト比

[PR]
by bucmacoto | 2009-01-17 19:44 | wave
日常の空
2009年 01月 16日
電線入ってしまったスナップ。昨日の出勤時。

ここしばらく青空があまりないので、この程度でも気持ちがよかった。
アメダスデータでは今年、昨年の半分程度の日照時間で推移中だ。

撮影時の気温は-1.3℃、積雪38cm、南南西の風、風速3.3m、視程50km

c0062295_19523241.jpg

週初めの天気予報では、木曜日に荒れるということだったが、道央付近の高速道が閉鎖になったのにこちら方面は全く雪のないままだった。

たっぷり降ってすかっと晴れた朝が一番大好きだ。
けれど、そうした朝には眠ったまま出勤ギリギリになるか、休日なら昼寝坊に至るのだ。

呼び出しでもない限り(そして今はすっかりコールされることが減ったのだ)、7時前後の遅い日の出であっても写真に撮れないというのが情けない(苦笑)


【欲】っていうのは、【執念】と同じものなんだな。
写欲が足りないのは、飢餓感の欠如か不満感の不足かビタミンBの欠乏あたりが原因だろう。
(予報の信頼性はともかく)日曜の朝は晴れの予報だ。 土曜は最高気温氷点下3度で雪のちらつく日になるらしい。
あさっての日曜日は早起きして夜明けでも撮りに行ってみようかな。 と、言ってみただけになりそうな気配 w。

昨年は4月まで流氷が残り驚いた。 今年はどんな海が見られるだろう。
 流氷サイト 流氷は今どこに? 2008年の流氷
[PR]
by bucmacoto | 2009-01-16 20:20 | wave