- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2008年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧
ちょっとかわいい♪
2008年 03月 31日
c0062295_1915999.jpg


 「ねえねえ」

 「なあに?」

そんな声を感じられる気がします。


むかし見た映画の「キャスパー」をちょっと思い出しました。

そういえば、ミニゲームついたCDも買って、4倍速SCSI-CDドライブをi486/33MHzノートにつないで、Win3.1上で何とか楽しんだものでした。
Macoromedia Director でオーサリングした対話型ゲームが、まだ目新しかった頃です。


これは、ハグ ソルト&ペッパー(塩こしょう容れ)。 自室ADSLのプロバイダのポイントでいただきました。

自室には塩も胡椒もないのですけれどね ^^
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-31 19:23 | wave
野球のナイターはナイト・ゲームが正しいが
2008年 03月 31日
北海道の馬喰(ばくろう)や調教師達が、馬に後ずさりを命じる掛け声は、「バイキ」でした。 英語の「バック」が訛ったものだそうです。

【こりゃ】 日本語だな 【やっぱし】

を読んで、ぴょこっと跳んで見ると、あるある ^^

 間違いやすいカタカナ語ランキング - goo ランキング

ここの記事でもかつて取り上げた、「ギプス」も「シミュレーション」もありました。
英語の苦手な私は、どちらも訛って覚えていたんですよね~。
ついでに「布団を敷(し)く」を、【布団をひく】【座布団をひく】なんて、日本語すら訛っていたなんて口が裂けても言えません < 書くのはよし w

おもしろいことに、gooランキングスタッフさんも、「アボカド」を訛ってらしたことに気付きました。
 こちら↓の9番目
 えっ、これを!? パンにつけると意外においしいものランキング - goo ランキング

パンにアボカドはともかく、3位のあんこはかなり意外でした。
まぁ北海道民は子供時代に、ご飯にバター(好みで醤油)って取り合わせを平気でしていましたんで、それを思うならこれもありなんでしょうね。



過去記事自家リンク
 私の誤理解誤記憶字句
 無知な語
 誤読


[PR]
by bucmacoto | 2008-03-31 00:26 | quote/data
弥生が終わる
2008年 03月 30日
春の季節に追われ、もうお終いになったかと思った冬将軍。
彼岸荒れ*もおこさずに、おとなしく撤退したかに見えました。
けれど、またも戻ってきてました。
ストーカーのように追い払われても諦めず、春を恋しいとでもいうかのようです。
 *彼岸荒れ:春分辺りに強い低気圧によって生じる嵐。 東南アジア~南西諸島方面から発達した低気圧(台湾坊主)によるものが代表的。 夏の終わりに生じる台風が夏の終わりを示す大氣の攪拌現象なら、こちらは冬の終わりを示す。 夏から秋に台風と秋の長雨とがほぼ重なるのに対し、こちらは春の嵐と梅雨との間に本格的な春~初夏の季節がある。 (以上,私的解説

26日24時から30日(本日)8時まで。 81時間連続の 氷点下でした。 3日間の真冬日です。
26日(水) 一時間毎

(JST)
気圧
(hPa)
気温
(℃)
視程
(km)

12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
1013.4
1013.5
1013.8
1014.2
1014.4
1015.1
1015.4
1015.8
1016.2
1016.5
1016.4
1016.7
1016.4
6.6
4.1
4.1
3.3
2.3
1.7
1.3
1.1
0.8
0.8
0.5
0.1
-0.2
35.8
32.7
33
31.4
42.6
41.2
44.3
9.76
21.6
23.8
7.4
28.5
11


27日(木)

(JST)
気圧
(hPa)
気温
(℃)
視程
(km)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
1016.2
1015.7
1015.4
1015.1
1015.3
1015.9
1015.6
1015.4
1015.3
1015.2
1014.8
1014.6
1014.2
1014.2
1014.1
1014.2
1014.2
1014.5
1014.8
1015
1014.8
1015
1015.2
1015.1
-0.4
-0.3
-0.4
-0.9
-0.8
-1.7
-1.9
-1.5
-1.6
-1.1
-0.7
-0.9
-0.4
-0.3
-0.4
-0.7
-0.5
-0.2
-0.2
-0.3
-0.2
-0.3
-0.3
-0.3
1.3
2.54
2.8
0.49
0.36
7.54
16.9
32.4
2.22
10.3
50
50
50
50
50
50
8.75
27.9
9.68
8.01
11.8
7.58
1.87
2.45


28日(金)

(JST)
気圧
(hPa)
気温
(℃)
視程
(km)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
1015.3
1015.2
1015.4
1015.6
1016.1
1016.4
1016.4
1016.5
1016.8
1017
1017
1016.6
1016.6
1016.5
1016.8
1017
1017.1
1017.2
1017.5
1017.6
1017.6
1017.7
1017.7
1017.8
-0.4
-0.5
-0.5
-0.7
-0.8
-0.9
-0.9
-1.1
-0.9
-1.1
-0.8
-0.2
-0.9
-0.9
-1
-1
-0.9
-1
-1
-1
-1.1
-1.2
-1.3
-1.4
2.65
4.11
4.95
2.86
5.06
3.13
4.77
7.43
5.54
5.61
6.63
14.2
13.7
12
11.2
3.38
3.4
9.88
12
13.5
13.4
13.6
12.2
17.5


29日(土)

(JST)
気圧
(hPa)
気温
(℃)
視程
(km)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
1017.6
1017.4
1017.4
1017.7
1017.9
1018.2
1018.4
1018.4
1018.5
1018.5
1018.4
1018.3
1018.1
1018.2
1018.3
1018.6
1018.6
1018.7
1018.9
1019
1018.8
1018.6
1018.3
1018.1
-1.4
-1.5
-1.4
-1.4
-2.6
-1.7
-1.7
-2.1
-1.9
-1.4
-1.5
-0.9
-1.4
-1.8
-2.2
-1.7
-1.8
-2.1
-2.3
-2.3
-3.1
-3.4
-4.2
-4.1


30日(日)

(JST)
気圧
(hPa)
気温
(℃)
視程
(km)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1017.8
1017.7
1017.4
1017.5
1017.6
1017.6
1017.6
1017.7
1017.6
1017.3
-3.9
-3.5
-4.1
-4.6
-5.1
-5
-3.2
-0.2

0.5
0.8



アイ(愛)・シャル・リターン とかいうのでしょうか。 > 冬将軍
フーユー?ノー・サンキュー(あんたなんか知らない。お呼びじゃない) だとかおもいます。

だってねぇ。 こちら10日前後の電気灯油の支払い後はストーブ止めて頑張ってるんですよぉ。
革ジャンと羽毛布団をかぶったカメの姿でいると、意外とかぜをひかないものですね。
(でもPC打つのは手袋ってわけにいかないから、片手入力がちになる。 んで,ミスる ^^)

弥生(やよい)とやおいって、音が似ているなぁ。
ひなまつり(桃の節句)の時節でもある。

more
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-30 13:37 | wave
懐かしのTVアニメ
2008年 03月 27日
ぐうぜんとおりすがったこちら。

 懐かしのTVアニメ

本当に懐かしい。 8割くらいは思い出せますね。 (>∇<)

著作権無視というか、Web上でぱくりまくったという画像ながら、雰囲気最高です ^^

102号欄の、「ムーミン=カバ 」説に大笑いしました。

もうすぐ、こういう季節ですねえ。。(ぱくり元:さくさく)
c0071003_10475819.jpg
この絵はぱくり!


more (妄説)
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-27 23:53 |   retro/post
教育ママゴンも今や死語かぁ
2008年 03月 27日
私の同級生で、40代後半にして引きこもっている男がいる。
彼の母親はいわゆる「過保護ママ」「過干渉ママ」であった。

ベネッセ(旧:福武書店)のアンケートでは・・・
c0062295_142958.gif

なのだそうだ。。。

教育に対する不安が高まり、保護者の子どもへの関与が強まっている[Pick UP 教育データ]【Benesse(ベネッセ)教育情報サイト】

昔の親は、今の親からしたら【無責任】ってことなんだろうかなぁ。(一部を除く)
昔に生まれてよかったと、しみじみ思えるのはこういうときだ w
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-27 01:13 | quote/data
磁力
2008年 03月 27日
ふぉしる先生の小学校で、磁石のお勉強があった。(別窓飛び)
生きている?スライム
お札が磁石にくっつく?!
男の子は特にこういった見えない力に引きつけられるように思う。

理系と文系の二本立てで両面思考するやりかたは、もはや時代遅れなのかもしれないが、ふたつの要素を並べて共通することと違うことを並べる手法は、よくわからないものを少しずつ理解してゆく最も基本的なメソッドなのだと思う。(ブートストラップ法も弁証法も背理法もそう)

磁力が人類にとって一般的になったのは、割と新しい。
旧石器時代はまだ金属の使用自体が一般的ではなかったし、新石器時代になり青銅器(ブロンズ)の時代を過ぎてから鉄器の時代になったのだから、磁石の存在自体が文字と同じくらいの新しさなのだろう。

文学的な修辞かもしれないが、人を惹きつける魅力あるひと ── カリスマやスタータレント ── を【磁力がある】と表現することがある。 異姓に限るなら フェロモンを発している という表現も多い。

自然界の四つの力のうち、重力だけは引力のみだけが他の力は斥力と引力とが対になっている。
強い力(核子内や素粒子内部で働く力:グルーオン)は至近距離では引力で、一定距離まで離れると強い斥力を示す。 原子核レベルの、ごく短距離しか届かない。
弱い力(核子の崩壊やニュートリノと作用)については対称性が破れているという特徴くらいしか、私にはまだ分らない。
電磁気力(電気の力と磁気の力=互いに裏と表として表出)は、距離の2乗で弱くなるがそれでも遠距離まで到達する。

電気と磁気とはどちらも符号を持つ。 プラス(正)とマイナス(負)、S極(South)とN極(North)がその符号になる。
両者はひとつの力の両面 ── 裏表 ── 関係なのだが、大いに異なる面もある。 電気の符号を示す粒子(電子と正孔*)は独立して存在できる(monopole 単極子)のに、磁気の符号を示す磁区は必ず対となって出現してしまうのだ。 この性質から磁気は双極子(bipolar)であるといわれる。
 * 陽子とか陽電子では電気回路で扱えない現象なので、電子の欠損した状態(正孔)を採用

磁石の原理はどちらかというと、電磁石を思い浮かべるのがわかりやすい。
鉄が帯びる磁気(磁区)の原理説明は、こちらがよくできた説明だと感心しました。

 磁石の勉強


電気そのものは、有史以前から存在します。 雷(いかづち)もそうですし、毛皮に生じる静電気もそうです。
17世紀末(1800年)に発明されたボルタの電池から始まり、19世紀のエジソンやニコラ・テスラあるいはアレクザンダー・グラハム・ベルらの功績で電気の応用技術が花開いた。
その一方、鉄を引きつける永久磁石は古代ギリシャの時代には知られ、電気をコイルに通して磁気を生じさせる電磁石はウィリアム・スタージャンによって1925年に発明された。
1864年にはジェームズ・クラーク・マクスウェルの論文が発表され、電気と磁気とを統一して記述できるようになった。 電波(電磁波)と光が同じものであり、また横波であると理解され、速度も求められた。

かつてのルネサンス(文芸復興)の次期に、望遠鏡などと同時にメガネ(老眼鏡)が発明されたが、このことでルネサンス期の絵画が(それまでの)平面的な描画から写実的な陰影を表現するものに変わったという説を読んだことがあります。 その理由は、熟達した描画技術の描き手が、老眼の始まる40台以降でも描き続けられるようになったからだとか。。。 「まるでメガネをかけたよう」な絵に変わったのは、文字通りメガネのおかげだという解釈です(真偽のほどは不明)。

思えば私達が子供の頃から、童謡・クラシック・フォーク・ロック・ジャズあらゆる音楽を耳にできたのも電気と磁気とのおかげなんですよねぇ。。。 磁気記録がそして電磁石駆動のマイクとスピーカーがあってのこと。 たぶんこいつらがなければ、英語は生涯に数回しか(あるいは一度も)耳にしなかったでしょうし、モーターのない世界で人力と家畜と蒸気機関で農作業をして、祭りの太鼓か旅芸人の三味線程度が音楽に接する機会だったのかもしれないんだなぁ。 とも思えます。

more
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-27 00:54 | particle
おやつとごはん
2008年 03月 25日
c0062295_2117483.jpg賞味期限日に、生クリームをホイップした。

金物を洗うにも台所用洗剤は持っていないので、手指用ソープで洗う。
かつてバイト先の高齢者から贈っていただいた手編みのアクリルたわしは、汚れ落としよくお気に入り。

泡立てしてると、子供の頃に手伝いをした記憶が甦る。
4リットル以上ならミキサーの領分だが、少量のクリームの場合には手で泡立てていた。
そういえば、「うちの店は上から2番目のクリームを使っている」という自慢を母からよく聞かされた。 一番のものを使っていない理由は 「脂っぽ過ぎてバタークリームみたいになる」 というものだった。 確か30年前の田舎であっても、純生クリーム(つまり植物由来油脂を混ぜたのは除く)には最低4段階はあった。 私が知らなかっただけで、もっとあったのかもしれない。
うーん。。。一番のものを使っていなかった理由は、やはりコストじゃないかい(笑)?

※ 味も違うが、泡立てた感触もかなり違う。 純生クリームは、とろみがつきだすと一気に角(つの)が立つ。 植物油脂由来のものは、角が立つまでかなり手ごわい。

さて何にのせようか。

c0062295_21183497.jpg半額パンは冷凍庫にあるが、解凍する手段がない。
リッツクラッカーもなければクラコットもない。
スポンジ台替わりに買ってあったホールのチーズケーキは、その日の内に食べつくし。

どうしたものか・・・と物色すると、チョココーティングされたコーンフレークがあった。 これに生クリームとアイスをのせたら、簡易チョコパフェになると踏んだ。
簡易すぎて寂しい(それに高カロリーだ)ので、アイスは乳酸菌飲料のスティックを凍らせたものにした。

なんだかあやしい雰囲気が。。。(気のせいでしょう)
味もあんまり。。。(気のせいではないでしょう)
完食した。。太るかな。。。(気のせいにしましょう。絶対に)

結論:生クリームは新鮮であればあるほど美味い。
   腐っても鯛ということばはクリームにはふさわしくない。
   熟成した旨みはたんぱく質(アミノ酸)ならともかく、クリームは脂やけだぁ(涙

c0062295_21192112.jpg翌朝(つまり今朝)は、ウインナ・コーヒー*にする。 中学の頃にコーヒーにはまって以来のお気に入りだが、数年ぶりに口にした。
こうしてコーヒーにのせ溶かすと、味の微妙な違いはマスクされてわからない。
この半額ワンタッチドリップは、メーカー品と違いやや深煎り(苦め)なので、エスプレッソの雰囲気が味わえる。 15円40銭のパックに上機嫌だ ♪
 * ウィンナ・コーヒー - Wikipedia

朝から甘いおやつを口にして、機嫌よく出勤をした。


ごはん
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-25 21:58 | wave
ひさめ
2008年 03月 24日
ちっちゃな雨粒 お前はひさめ
雪になれるほど 大きくなれず
光って見せるに くもりすぎ

霧の蒸気よ お前はひさめ
空に昇るに 冷たすぎ
地に着く前に 濡れまとう

烏合のつばさ お前はひさめ
群れなす雲霞 さざめ舞い
降りたつ梢 揺れまどう


ミスティレイン 私はひさめ
とけてしまった ダイヤモンドダスト
きらきらなくし ひとみは灰色

ふわふわ漂う 私はひさめ
ひとつになれない 私の身体
ふたつにわかれて 風に舞う

とうとう見つけた 私は氷雨
あなたのまわりに 降り注ぎ
檻のかんぬき 氷らせた

[PR]
by bucmacoto | 2008-03-24 23:23 | wave
distinguish air (けじめ と つぐない)
2008年 03月 24日
空気というのは、どこにでもあって、ありふれた存在です。
ありがたみを感じることは少ないものです。
なくなってしまえば大変なのに。

ムードというのは、自然にできて、だから貴重なのです。
煽られたり溺れたりしては危ないものです。
それがないと物足りないのに。


GALANT's Cafe 氏が、先日の わきまえ をTB参照してくださいました。
 “空気を読む”とはなにか? - The Man
変化を感じ取ることに力点をおいてらっしゃいます。


空気の物理的な相をいうなら、気相・液相・固相があります。
液体相はダイバーのボンベの中にあります。
固体相はヘリウム充填現場で目にします。
 ※ヘリウム価格が高騰傾向だそうで、MRI装置の維持費が気になったりします。

心理的な空気の相は、どんなものかと考えつくまま並べてみます。
重い空気・ひんやり・どんより・ねっとり・寒い・・・冷たく湿った冬や梅雨の空気でしょうか。
軽やか・ふわふわ・あたたか・からり・うきうき・・・暖かいそして爽やかな春や初夏の風でしょうか。

空気なんて軽くて密度の低い存在です。 大地のように堅固でもなければ、海洋のように熱と物質を大量に溶かして佇むこともできません。
けれども、日本の四季は風によって運ばれてきます。 モンスーン気候ですから、季節風が収穫も・ビールの消費も・降雪量も決めるのです。

天を頼りということは、お天道様まかせ・風まかせ・雨まかせ となりそうですが、本当にそうなのです。 旱魃ひとつで小麦の価格が大変動することを見ても、天の力を人間が模倣するには限りがあるようです。
天の力を模倣したモデルが、科学の理論であり、技術の制御構造でしょう。

生命というシステムがフィードバックで成り立っているとするなら、神経制御はフィードバックを繰り込んだシーケンスが並ぶルーブ・ゴールドバーグ・マシーン*
 * ドミノ倒しのようにからくり連鎖の装置(下記の200番書き込みより)
   【これ、なんていうの?】 一般的には知られているが名前の分からないものを紹介するスレ


風とか空気とか、複数の人間や多数の人間の振る舞い、これら多変数の振る舞いを分析的に積み重ねてゆくのは、現実的ではありません。
ビリヤード球を同時にふたつの玉に当てた時の計算すら、スパコンでやっとなのです。
 報復衝動のルーツ (ライフゲーム回想) で3体問題に触れてます。

ところが興味深いことに、「相」として捉えた時には、直感的に結論が予想されるのが経験則であり、古人の知恵というものみたいです。
夕焼けは晴れ・朝焼けは下り坂、台風の東風は警戒・西風なら大丈夫、どれも科学的根拠なんて後付けの理屈であって直感的な結論としてはなから存在しています。
そしてこの、経験則 や 変化を予測できる という自信が誤謬(ごびゅう)を招く元にもなるのですね。
だってね、中身の裏づけがない経験則なんて、イリュージョンの積み重ねとさほど違わないものなんですから。

そういえば、クオリアという本質はひな型であり、そのひな型とはイリュージョンである。 と考えているこのごろです。
ユングの元型や共時性の思考とどこかつなるかな、と ちょっと楽しみです。

空気の醸成とか、風向きに聡いとか、空気を読めとか、どれももうたくさんだという気分が私にあります。
それらは大切なことではある。 けれど、求めたり強制したりするより、示して選ばせてあげるものだと、そういう気がしてならないのです。
言葉は現実を脳にくり込んで生まれた一種のシンボルです。 象徴に過ぎません。
空気や風向きの誘導も制御も、言葉によって容易になされる面はあります。 けれどそれを積極的に「する」ことが正しいとは、今の私には思えないのです。

偶然性の排除を突きつめ現代の文明は成立している。 これは私も同意します。
ひとつの重大事故の影に、29の軽い事故があり、さらに300の肝を冷やした経験が横たわっているという経験則も事実として受け入れられます。

けれども、偶然性を排除し尽くす方途が確実でなければ、【完全な無事故】に人々を向わせる進軍ラッパというやつは、徒(いたずら)に疲弊と閉塞感を増すだけに終わりそうな気がしてならないのです。
※天然痘は人から人にしかうつらないため種痘ワクチンにより地球上から根絶しました。
 インフルエンザはワクチンの免疫期間が短く、鳥・豚と種を越えて伝播するため根絶は困難とされています。 ウイルスの体内増殖を抑える薬が現在のところ切り札です。
 エイズはワクチンの開発がほぼ絶望のようです。 その一方で感染者のウイルスコントロール治療が成績を上げ、今ではほぼ普通の生活と寿命に近付いています。

グローバルな一般解というものは、魅力的であり(特に若い)人を魅了するものではあります。 必ずその解はある、真理はある、そういう心構えは美しく賞賛できます。
その一方でローカルな解、その場しのぎとも思える対症療法、そうした特殊解の寄せ集めでしか現実に対処できない局面も多いのでしょう。


けじめ(英語だとdistinction?) という言葉は、わきまえる・分別する・識別するという意味と共に、差別するという意味合いもあります。
弁える と 償(つぐな)う という言葉から、弁償という言葉が組み上がり、そのフィールドは弁護士さんの主戦場です。

責任という言葉に対しても、そうなのですが、私はそういった「自己批判」を他人に強制したり誘導する論調には組したくないのですねぇ。 きっと。

気づかされる って現象は、
自分が主体であって意味があり、
自分が対象となっては辛苦がある。

他人に対しては、気付いてちょうだいと願うのが精一杯で、それでいいと思っている。
(表明するが、強制できない)

そうした態度が、私に残っている 私のけじめ といえるんでしょう。


余談
 TB先の GALANT's Cafe 氏が触れていた 「変化」(微分解)について。

 この解は、スカラー(量としての値)と共に.ベクトル成分(正負方向)を含みます。

 それは、虚数成分(位相情報)も併せ持つものって気がいたします。

 表面上は正(ポジティブ)でも負(ネガティブ)でもない、微分成分。

 こうした(時間に関する)二次微分を要するケースは、パターンマッチングと非常に相性がよい気がします。
 その挙動は、ノイズや外乱成分に非常に弱いという事も(漠然とですが)感じます。


 こういったいわば「タイミングの妙」的な技術は、極道や政治屋や扇動家が血道をあげる種類のものなので、かたぎの理系や文系の人間には向かないだとか思ってみました。
 実際のところはどうなんでしょうね。。。

 ケンカ上等! ってのは、かっこいいけど周りの者が失うものも多い気がする。
 ええ,ええ。 平和主義者という名前の臆病者ですからそう思うのですよね。
 (でも卑怯者にはなりたくなかったりする・・・んで窮地に立つ。のか?)

more one
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-24 00:55 | wave
暗いほど眠れます
2008年 03月 23日
ただいま。血液型TB第17弾開催します。

お題はこちら
---------------------------------------------------------------


寝る時は暗い派?明るい派?   です。


----------------------------------------------------------------


私の場合、暗ければ暗いほどよく眠れます。
眠くなると生来のものぐさ根性が顔をだして、消灯行動も面倒になってしまいます。
その結果、消し忘れの灯りの下で何度か就寝中に目覚める羽目になるのですが、やっぱりメンドっちくて、そのまま、うつらうつらしたまま朝までいっちゃいます。
なので、明るいと眠れないというわけではないのですが、暗い方が視覚刺激もなく熟睡できると信じています。 省エネにもなりますし・・・(なら消せよ w)

昔読んだ新聞記事で、「刑務所内の受刑者は照明の下で眠る」と知りました。
なぜ新聞記事になったかというと、刑期を終えて出所した受刑者から 「暗いところでは怖くて眠れない。 これでは社会にとけ込めない」という訴えが法務大臣に宛てられたからだといいます。(蛍光灯一本程度の照度らしいのですが)
※関係ないけど刑務所の労働て、日給69円なんすねぇ(平成18年)受刑者の生活

昼間働き続けている神経を、少しでも休ませてあげたいから暗くして眠ります。
仕事でなければ神経を使いたくないので、自分の部屋は消えてなくても放ってあります。

このふたつはムジュンしていないんだと言い放つ私はAB型ですが、何か問題でも?
・・・というか、世の中にこうしたものぐさAB型って少ないのかもしれません(笑)

テンプレこちら
[PR]
by bucmacoto | 2008-03-23 19:06 |   retro/post