- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<   2006年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧
きりんさんと夕日
2006年 06月 29日
衝撃でした。。。
c0062295_20321577.jpg
 ̄↑ ̄↑ ̄↑ ̄
これって注意書き?(笑)

え~!?
一瞬あんぐり。。

そして笑いました。  ^^

そういえば学生時代のこと、
下宿仲間が
【作業半径内立ち入り禁止】
の看板をかっぱらってきてました。

・・・彼女が来ている間は、部屋の外に立て掛けて置く。というわけです。
右写真の看板だったなら、さしずめスピンぷれ・・・(以下自粛)

c0062295_2123427.jpg
いなかでは比較的きりんさんは珍しいです。

え? どこがきりんかって?
こちらにいるきりん仲間をご参照ください。
きりんファンクラブ
 ね♪ 納得でしょ?
(もしかして…えらそうに聞こえますか?)
実を言うと、私も最初は意味(??)フメイ でしたのです。 だれでも最初はそうですよね。(私の頭がかめなだけ? w)

ところで,このコンパクトデジタルカメラ(略すとコンデジってんですか?)、マクロのピントが結構いい。
c0062295_229331.jpg


 図書館で借りているカラー版デジカメ自然観察のすすめの著者:海野和男(うんのかずお)氏の環境gooにあるHPを紹介するつもりが、画像使用許諾がとれないままずるずると引き伸ばしになってます。。 紹介してから、ダメって言われたら削除という手でいくかなぁ。。。< 年をとってもせっかちさ消え切らず(苦笑)

gooといえば、このブログ旧名:北の空からみなみへ のころにキッズgooで表示されて嬉しかった記憶がある。
ところが現在は、「ごめんね・・・
c0062295_23334485.gif
」とフィルタリングで表示されない。。。orz
やはりTin-Tin数え歌がやばかったのだろうか。< だけでなさそう ^^;

 追記:こういうのはOKらしい → キッズgoo [キッズgooサーチ]
きちんと是は是,非は非とする姿勢には敬意を表したい。

 ※追記の追記(2006.7/15)
上記もフィルタリングされちゃった~~~~(絶句)。
なんでこれもだめなのぉ。。。(?ε?)
良くわからんがこれを見ると、世祓いブログよりも青少年の育成には危険視されているらしい。。。
あ、Harryさんとこがどうのとか言ってないですから w < ほとんですって(真顔)

daytime photo: 2006.06/28 / evening photo: 2006.06/29
post at 2006.06/29
open at 2006.06/30
last edit at 2006.07/15


夕日二本立て
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-29 21:36 | particle
沈む夕日のロールアップ実験(つか練習)
2006年 06月 27日
c0062295_222928.jpg


へ? どこが夕日?

・・・

ここが夕日です。

はい。。。遊んでますぅ< ヲタ

daytime photo at 2006.06/25
evening photo at 2006.06/26
post at 2006.06/27
last modify at 2006.06/28


'
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-27 19:13 |   illusion rhapsody
脳みそ休め(夢想)
2006年 06月 24日
変わらない心を 意志と呼ぶ
変転絶えざるを 感情と呼ぶ
意と情を支うるを 知と呼ぶか

変わらない骨格を 構造と呼ぶ
変化に適応するを 機能となづく
外界に適応する能力知性知能の定義となしたのは誰か

大きな構造を 世界と呼ぶ 宇宙と呼ぶ
小さな機能を 精緻と呼ぶ 真理と呼ぶ
変わらぬもの 普遍なるもの

それは
 どこにでもあって
  いつだってきえない
そういうものなのだ


時は無限であり なのに 人のこころには有限で
始まりも 終わりも 確かにあるのに
その前にも さらに未来にも 時は確かに連なってゆく

巨視と微視とのスケールと
位相と位置とのフェーズ/ポジション
あとひとつはなんだっけ(?_?)

そんな時は
ぼけた頭を休ませて
ひとやすみ ふたやすみ

眠っているこころは 死んだこころじゃないのだよ
きっと 虚数時間を旅しているこころなんだ
post at 2006.06/24
last edit at 2006.06/25

[PR]
by bucmacoto | 2006-06-24 21:13 | duality
力技 (へっぽこ)
2006年 06月 20日
※ この記事はヲタに徹しています。 見苦しきはご容赦を。

今だけ限定で コメント欄外にブルーのサッカーボールを置いている。
samurai blue協賛だ。 → 頑張れ!Samurai Blue!

こんなイメージであると思う ↓
c0062295_2203620.gif

css設定はこんな風になっている。
DIV.COMMENT {
MARGIN : 40PX 0PX 0PX;
BORDER : 1PX #D3D3D3 SOLID;
BACKGROUND : #ECECEC
/*soccor samurai blue 協賛*/
url("http://pds.exblog.jp/pds/1/200606/19/95/c0062295_18365591.gif")
no-repeat right bottom ;
PADDING : 10PX 15PX;
}

一応 ここを参考にしたつもりが、ちとズレていた。 気付いても後の祭り。

というのは、この位置ならこれでも良い。 しかし、もう少しサッカーボールを上に上げて置きたいと思うと、うまくゆかないのだ。
このボールの位置を上に上げるには、
bottomの部分を、center とするか、
・80%などとパーセンテージにするか
・100pxなどと上からのピクセル指定をするかである。
 下からいくつという指定はできない

これらのどれでもうまくゆかない理由は、↑ で設定したのが comment ブロック全体だということだ。 ためしにcenter なんてしたら こうなります(わらってください) → ScreenShot



こうした時の力業! 画像の周りに余計な透過色をつけてしまおう。 そうするとbottomで置いても余分に広げたピクセル分だけ上に浮くというわけです。
道具は ペイントブラシ(OS標準バンドル) と IrfanView があればよい。

まずはペイントブラシで画像サイズを変える。
画像のサイズを変える
できた空白を背景色で塗る

こうして元絵に余分な背景色を増やします。(ここではまだ黄色なまま)
ペイントだけでも透過色設定はできますけど・・・面倒だし応用利かないんでパス。< 本当は説明できるほどわからないらしい w
この時点では、背景色が透明になってないまま保存でOK。
画質を保持したいなら、PNG形式(XP以降)かBMP形式で保存します。
次に IrfanView でファイルを開きます。 (これから背景色を透明にします)

 キーボードのS(save)を押して保存します。 
このとき表示はチェックで→
c0062295_13464839.gif
できたのが
これ→←これ


これで浮上だ。
c0062295_2203620.gif



。。。えーとぉ 『素直にスキン設定書き直せばいいのに』 というご意見は受けません(爆)。

本日の&Tips;
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-20 08:10 | &Tips;&code;
新カテにしちゃえ(へっぽこ)
2006年 06月 19日
作業中がいくつか溜ってるHTML関連です。 ので新カテゴリにしてしまおう。(ゆるすぎ ^^;)
へっぽこ説明でも、笑って許していただきたい。 名付けて、
「へっぽこ&Tips;&code;」
今回,文字入力欄背景に画像を入れてみました。(コメント入力する textarea内)
早速 質問をいただいたので、作成過程を書いておきます。

ワープロソフトで文字を書きます。 今回は白地にうっすらとした文字にしました。
c0062295_1451555.gif
背景は、最終的に透明化します。
※実際はワードでしたが 説明図はワードパッドを使い縮小


書体はお好みで。 私は ふい字 + Fat(半角英字のみ文字間隔あけて)を使いました。

Alt+PrintScreenキー経由で スクリーンショットを画像ソフトに移し左に30度傾けます。

2つを合うようにして、別レイヤー(層:プレーンといってもよい)に重ね置きます。
2つが重ならずずれる部分を、空白にして3枚目の画像を作ります。
この3枚の画像から レイヤー透過度を50%にした半透明画像を合成
結局、全部で6枚の画像を用意します。
その上で、すべての画像は背景透明となるように保存しました。
(私の場合 irfanviewというソフトで透明化した)



c0062295_158577.gif

c0062295_1592096.gif

c0062295_1594556.gif



上記の6画像を、順番に時間調整して見せるように1枚のアニメーションgifに合成します。
合成アニメ目的でのフリーソフトもあるようですが,私はPCバンドル品を利用しました。
 (2枚目以降の同じ部分="かきこ" の範囲ははトリミングして外してます)
書いている間に、忙しく変わると気が散るので、ゆったりペースとしました。

画像のURLは下記です。 幅259x高さ107ピクセル
http://pds.exblog.jp/pds/1/200606/18/95/inareabg.gif (6.67キロバイト)


自由にお持ち帰りなさって構いません。→ 
   
エキブロ内であれば画像のダウンロードはせず URLを直接ご利用ください

入力欄の背景画像として設定する方法は割愛します。
日刊エキブロ新聞 : CSS&HTML / Tips特集 などをごらんください。

一応css設定公開
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-19 01:44 | &Tips;&code;
お昼休みの公園@2006.6/15
2006年 06月 16日
もう昨日になってしまいましたが絵日記です。
天気も良くて、昼食後に職場隣の森林公園へカメラテストに行きました。(画像は圧縮ずみ)

c0062295_19505457.jpg

c0062295_19512337.jpg

蝶のピントが甘いのが残念。(被写体距離約0.8m) 手持ち撮影でこれくらいのブレならまいいかぁ。

More 1
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-16 19:59 | wave
こんばんわ@2006.6/14
2006年 06月 16日
定時に仕事も終わり、天気もよい。
もう一週間で夏至。 夏至近辺は海面に沈む夕日を撮れるのだ。(昨年の夕日
c0062295_1832663.jpg

c0062295_7371151.jpg
時間もあったので下宿夕食を食べ、一時間ほど北西へと走った。 昨年よりも太陽に近付こうというわけだ。 (結果は裏目となり、水平線に沈む夕日は撮れなかった。)
ちぃちゃな原生花園の駐車場に自転車を停め、海岸を歩くと私の母くらいの年齢の女性に声をかけられた。 シシャモより一回り大きな流線型の魚を差し出して 「この魚、なんと言うのですか?」
私は漁師街のそばで育ったが、魚は詳しくはない。 (というか植物も昆虫も 詳しいとは言えない)
c0062295_7373190.jpg

「さあ? 私はこの辺りの出身ではないし、あまり判らないのですが・・・。 子供の頃にこのくらいの魚が春に産卵に押し寄せて来ると父が獲っていましたね。アイヌ語でオタポッポと呼んでいました。」

そう答えて話を聞くと、石川県から来ているのだと言う。 法事を終え1ヶ月くらいの予定で北海道を巡っているのだそうだ。
「カラスやトンビが海辺にいっぱい集まって騒いでいるから、何かと思ったら、浜にたくさんピチピチと魚が跳ねててさ。 こんなん初めて見たからびっくりした」 のだとご主人はおっしゃっていた。
釣竿のそばには、小さなテント。 お二人とも冬山登山のような厳重な重ね着。
互いに暖め合って夜を過ごすのだろうか。

なんだか、いいなあ。
かぜをひかないでくださいね。 夜は寒いですからね。
そう言い残して、ご馳走になったお礼を申し上げ、お二人とわかれた。
last edit: 2006.6/16 and 7/5


More 1
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-16 07:59 | particle
donation problems
2006年 06月 15日
※ 本投稿は 後日に追記の上 duality カテゴリへ変更予定
初稿:2006.6/15
追:2006.6/19

善意を扱うと言うのは気苦労が絶えないことと思う。

悪意に対しては、敵視する~無視する の範囲で対応を選択することになるし、敵失は歓迎できる現象でもある。(もちろん 敵国内であっても人として耐えるに忍びない場合には人道的見地から協力することもある=敵に塩を送る)
ところが、これが善意である(パートナーとして同じ目標を目指す同士)にも関わらず、ミスがあった場合は、単純に責めるという行為は善い策とはいえなくなる。
それは一方の力量が 他方に対して優位であるとか,序列を維持すると言う観点とは別のものだ。 
信頼とは 信用の積み重ねで太くなる絆ではあるものの、同時に 結んだ信頼関係を壊さない+ほころんだ破れ目を(繰り返し)修復するという作業そのものだからだろう。

今日を最後に クリック募金から引き上げる企業がある。

企業HPへの誘導や、HP中での再度のクリックなしに募金を完了できるので、好感を持っていた企業である。(その割にクリック少ないって? これcookie消したから記録上はそうなだけ イイワケ w)
ほとんど毎日、日当程度の出費を4年以上も続けてきたこの会社にエールを送りたい。

・・・ もちろんエールしか送れないのだが(爆)

この会社について調べようとしたら、とんでもないことを発見した。


ここの検索でヒットしたリンク文字をクリックすると・・・・> なんと募金が完了しちゃうのです!!

これはちょっと・・・あまりにかわいそうだったと思うのでした。

追記(もうクリックしても募金にならない)
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-15 23:54 | wave
unicef letter
2006年 06月 13日
ここへ来てから しばらくは届いていなかったが、unicef letter が昨日着いた。
引っ越すまでは 継続した寄付もしていないのに、いつまでも(機械的に)送り続けてくるのが、正直に言えば気に入らなかった。
それは、私の個人的な組織観によるものだ。
どんな組織であれ、形式化した手順だけをなぞるようになったら、なぜか熱を込める気にならなくなる。 それは天邪鬼の内面を有するからで、人間因子: 個とシステムとの理解に暗示されているような信条によるものだと思う。

ユニセフからの封筒には、例によって、特製 住所氏名ネームが同封されていた。
上質なシールではないものの 手作りっぽくて私にとっては好み。 だがこれまでは 幼稚園児のお名前シールじゃあるまいし。。。という感じで使ったことがなかった。

今回は、傘の柄ににべったりと張ってみた。
ちょっと(か?)目立つが、持ち去られる心配もないだろう。
昨年の禁煙期間の成果と思えば、少しだけ気分がいい。
(禁煙中に 自分の灰皿からシケモクしようとキセルを買った。おつりを多くもらった。それを寄付した。その結果シールが届いた w)

レター主は 前米国農務省長官。 BSE問題で日本に対峙した方でもある。 ユニセフ事務局長におなりだったのね。(知りませんでした)
タグ練習として全文再現してみました。(DMっぽいから許諾はとらない。でもmore欄にこそり)

unicef letter
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-13 19:09 | quote/data
小さな感覚刺激(詩もどき習作)
2006年 06月 12日
微かな痛みは 痒みに感じるから

僅かな痛みは 疼きに感じるから

体の裏側の痒みに 孫の手が嬉しいように

心の裏側の疼きに 清める手が心地よい

どうかその手は

 長すぎる爪ではなく
 べとつく優しさではなく
 飾りものの爽快さではない

そういった手があなたの元へ差しのべられますように

よき偶然の御加護が訪れますように

小さく つよく 祈ります
ばくまこと@無神論者
けれど祈りは真剣

悪魔の手は救いの手の振りをする
真なるは支えて………
[PR]
by bucmacoto | 2006-06-12 22:57 | wave