- 北の空からみなみへ -
exblog staff

<< おくる感謝(夢想) 日記録 2008.02/24 >>
風と共に去りぬ (380円DVD)
2008年 02月 24日
先日観た It's Wonderful Life のほうは、単層DVDでした。 モノクロ作品ですからデータ量が少なかったのでしょう。

昨夜観た GONE WITH THE WIND(風と共に去りぬ)は二層ディスクで、画像データ量の多さがうかがえます。 プロパティ見ると 6.96GBありますね。3時間40分ですもんね。

この作品についてはレビューもいっぱいあるし、公式webサイトに紹介文もあります。
   「風と共に去りぬ」公式Webサイト:解説(Introduction) (別窓)

この映画にまつわる個人的な思い出といえば、思春期前後にTVで見た中で印象的な 3つの内のひとつになります。 (インディジョーンズなどの活劇系は除きます)

 小さな恋のメロディ(Melody)、卒業(The Graduate)、そして当作品。

ビビアン・リー演じるスカーレット・オハラの、気が強くわがままなこと。013.gif
十代の頃はこういった勝気な女性に心惹かれたものですが、いまは…(黙しておこう w)


1939年の作品といいますから、第二次世界大戦直前に製作されていたのですね。
どうりで、アトランタからの脱出直前に市内を馬車で走るシーン(1:07付近)や、アシュレーとメラニーの再会シーン(1:53:20付近)で、一目でブルーバック合成と気付く絵になっていたりします。 しかしアトランタからタラへの脱出途中で火薬が爆発する脇をすり抜けるシーン(1:25付近)など、総じて見事な撮影。 さらに風景の(特に夕陽に焼ける空の)美しさは見事です。



YouTube - Gone with the Wind
c0062295_23274910.jpg
c0062295_2330289.jpg

[PR]
by bucmacoto | 2008-02-24 23:41 | wave
<< おくる感謝(夢想) 日記録 2008.02/24 >>
<< おくる感謝(夢想) 日記録 2008.02/24 >>