- 北の空からみなみへ -
exblog staff

子ガモも生まれて >>
すごく久しぶりに投稿します
2014年 11月 28日
内容としては、おそらくほんの短期間なネタ話。
iPhone 6/6plus 出たあとで今更なdocomoメールの話です。

本題前に、この4年間の近況報告しておきます。
今、、入院中です。苦笑
DVT+PEで、昨夜下大静脈フィルタを置いて一安心したところ。
どうやらこの夏に半ばサービス残業の仕事をやりすぎて、毎週末のテニスを減らしたのが原因のひとつ。9月に胸痛あってその2週前に右足ばかり痛かったのでその頃の発症と推定。
テニスは3年半前にやり始めて、(30年間に中古で買ったラケットを引っ張り出して)昨年はようやく草大会のBクラス優勝。相方は私より半年後に始めた学校教諭♂。まあ、これはまぐれ。
メタボ対策に壁打ちから始めてハマったのですが、職場施設で使用機器の更新やら、新作業の増加やらで、キーボード作業が激増したものの、週末時間を注ぎ込んだテニスでようやくバランスがとれていたっぽいです。

ところが、この夏はコート確保やメンバー間連絡に尽力してくださっていた方が体調崩し、プレー時間が激減。さらに私も、書類の電子化で千件超にデータを処理するのに一ヶ月もテニス禁欲して、とうとう下肢静脈血栓症+肺塞栓に至った次第。ちなみに2週間前に冠動脈CTAや心エコーや動脈硬化判定用脈波速度検査などは、オールクリアだったのです。血管年齢が実年齢より十歳若く出たしね。
ところが、CRPなどの炎症マーカーが上がってDダイマーの検査は正常上限の5倍。そこに持ってきて先週の月曜にワークステーション作業で根を詰めたら右下腿が熱を持って腫れて痛み出しました。
ということで、状況的に深部静脈血栓症 ーー 一昔前にエコノミー症候群 いまは ロングフライトシンドローム(ファーストクラス座席でも発症するから?)でありそうとは心当たりがついたのですが、今週になって急速に膝上まで痛みが広がり、静脈弁のところで押すと痛い上に、歩いてポンピングしても楽にならない。これ、先週は数キロも歩くと少し腫れが楽になったのですがね。。

結局昨日午後に検査した時点では、深大腿静脈と大伏在静脈がほぼ血栓で埋まっていた次第です。


では、本題に。
docomoがiPhone/iPadを扱うようになって、MVMOな安いSIMでも通信が行えるようになってきましたが、その恩恵にやすぅーーく預かりたいと思うと結構はまりまして。。その記録です。

状況は以下の通り。
もうすぐ高校生が終わる娘は2年以上前からスマホが欲しい。でも親は否定的だし、小遣いも少ないし、バイトはあまりやりたくない。その気持をdocomo店の若い店員さんに、タブレットの二台持ちがお得 と勧誘され、foma(3G)のガラケーに加えてXi(lTE = 3.9G)Androidタブレットを契約した。
しかも最初の月は。iモードとXi両方を使ってしまったため、15K円を超える請求に泣いた。タブレットの方はタダという理解で契約したらしい娘にとってはタダどころの騒ぎではなかった。

そして今年の8月に二年縛り明けの違約金なしで解約可能な月だったので、タブレットを解約した。SIMアンロックした、タブレットに500円SIM入れて運用を開始。
ところがこのタブレットの、9月半ばに故障し、修理する羽目に。。なんとか母親が抗議して、購入時に3年間の故障に対応という文言みつけ、修理自体は無料。しかしながら、なんとこれで4回目の修理となる故障だったらしい。そしてLINEなしではいられないいまどき娘は、iPhone 4sを友人から貰った。

そのau版iPhone 4s に、docomo系MVMOのSIMで通信し、Iモードのメアドを使えるようにするのが今回のミッションでありました。



foma SIM(フューチャーフォン=ガラケー内UIMカード)とAndroid 2.3.4(SO-03C = Xperia RAY)の組み合わせで、iPad や iPhone で docomo のメール(@docomo.ne.jp)設定をすることはできました。あくまで今はできる(今後はできなくなるかもしれない)という情報ですが、そこに至るまでにハマったことを含め、備忘録しておきます。

参考にしたサイトの内、最終的に最も役立った情報。
IT技術者で国際協力していこう。: ドコモメールをSIMフリーiPhone4sで使う(Android 2.3でも使えそう)
opera classic を、Androidaにダウンロードして、opera:configにて、coustom User Agent使ってiPadからのアクセスに偽装して、ドコモの設定サイトで設定変更(実際にやることはiPad初期設定のダウンロードに進む手順まで=ダウンロードは失敗でOK)と設定プロファイルのダウンロードを完了。そこで得られたドコモメールのマルチデバイス設定をiPhoneにメール添付で送り、そこでインストール済ませると、iPhoneで@docomo.ne.jp をプッシュ通知受けてやりとり可能になるという流れです。
今はこの方法で確実にできるのですが、この方法もdocomoが使えないように対策すると使えなくなります。過去にはiPhoneからのアクセス偽装でできたという話ですが、現在では辛うじてiPadからなら設定プロファイルのダウンロードがさせてもらえる状況になっています。

なお、8月下旬に一度借り物のAndoroid端末で娘のタブレットをドコモメール設定(IMAP)化しようとチャレンジして敗退しています。敗退理由は、Android 4.0以前であったためドコモ公式のspモードメールアプリを使えず、spモードメールをドコモメール(IMAP型クラウド対応)にできなかったことでした。(ドコモdMenuから過去にできたそうですが、14年8月時点ではNG)

そこで娘のiPhone設定前に、練習と検証を兼ねてまずは自分の手持ちデバイスで設定をしました。
◯foma SIM。標準サイズのUIMカード
◯iPad 4th世代のWiFiモデル。
◯標準サイズSIM入るAndroid端末。SO-03C 設定用として今回3000円で購入(税・送料込み)
もちろん契約は、foma契約のiモードだけだったので、まずはドコモのISP契約を、iモード併用に加えspモードを追加契約。料金はセット割り効くので変わりません。ドコモメール使用の前提であるdocomoID取得取ってしまえばオンライン手続きで即時変更可能です。
My docomo | NTTドコモにアクセスして、spモード(iモード契約可)を申し込みます。spモードのメールアドレスが得られそれをドコモメールの状態に設定更新します。
これは、公式にはAndroid4以降が対応するspメールアプリかドコモ契約のiPhone/iPadであればできる。そうでなければできないことになっています。

過去には
⚫︎foma契約SIMでアクセスした状態で、dメニューから設定変更。
⚫︎同じくfoamネットワーク接続上で、iPhoneになりすましたoperaで設定変更。
と言う手段があったそうですが、docomoによりそれらがNG化されたので、次の手順でやりました。

Android2.3.4上の Opera Classic / opera:config / [Custom User-Agent]欄に変更するユーザーエージェントを入力し [保存] する。(その後は常に変更したユーザーエージェントが送信される。)
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_0 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12A365 Safari/600.1.4
これでiPad iOS8.0からのアクセスに化けてます。(iPhoneに化けるのは機種を見られ、対策済みなのか拒否されます。)

opera classicのダウンロードや設定は、WiFi接続です。operaの準備ができたら、fomaネットワークアクセスにして、spモードメールアプリでマイアドレスの設定を済ませます。
Android4i以降の機種でドコモメールアプリが使えるなら、docomo公式にある次の手順にてやればいいでしょう。
ドコモメールをマルチデバイスでご利用いただくための操作・設定方法を紹介します。 ... ドコモメールアプリの[メール設定]より[ドコモメール設定サイト]にアクセスし、[ docomo ID利用設定確認]からdocomo ID利用設定を「利用する」に設定してください。
一応spモードの暗証番号・WiFiアクセス許可設定なども済ませましたが、必須かどうか判断できてません。

準備ができて偽装UserAgentしたOperaClassicでスマホ用dメニュー お客様サポート(http://smt.docomo.ne.jp/portal/support/src/support_index.html)サイトにアクセスし、WiFiオフ/fomaネットワークアクセスでiPad用の設定プロファイルのダウンロードに進む。fomaネットワークのspモードアクセスであれば、一画面進み注意事項への同意を求められます。注意事項を読まないとチェックできないようになっていので、パケット節約にWiFiにて二つの注意事項を読み、チェック『注意事項を確認して、すべての内容に同意する』して、もう一度WiFiを切ってfomaネットワークアクセスで、次へ を押します。
アクセス後のメッセージr/s利用設定画面は内容スルーで設定するにチェック、次へを押します。インストール画面に切り替わる(偽装なんでおそらくファイルのダウンロード?)と思いきや、ここで何やらこけてしまいしばしアクセスできない状態になりました。が、ここまでの作業で、実際にはドコモメールを利用するための状態になっていました。このままでも、ドコモメール(ブラウザ版)でメールのやりとりできます。

後は、随時WiFi接続で、メールアドレス設定とか接続プロファイルのダウンロード・インストールをやることができます。fomaSIMカード使ったパケ代気にしながらの設定は終わり。iPad上でWiFiのみで設定できます。
ドコモメールマルチデバイス利用設定 | NTTドコモにiPadでアクセス、ドコモメールマルチデバイス設定のプロファイルを(未確認とか警告出ますが)インストールして、後は普通にドコモサイトの手順通りでメールアプリに登録するとプッシュ受信してくれます。もちろん設定すれば通知センターに表示も可能です。
手持ちのiモードメールと同時送信実験すると、明らかにWiFi経由のiPadの方がガラケーより速攻受信しました。

動作確認として、iモードのメアドが macoto@docomo.ne.jp で、ドコモメールメアドが電話番号の 09012345678@docomo.ne.jp だったとして、マルチデバイス設定プロファイルでインストールされたメアドは電話番号メアドです(iPadでは電話番号メアドでやりとり)。ここで両メアドの入れ替えを行なうと、macoto@docomo.ne.jp に宛てたメールを受信します。送信はできません。ただし、ドコモメール(ブラウザ版) からは送信可能です。

ドコモメールのiPad設定は以上ですが、iモードメールと併用するとなると、spモードメールアドレス(ドコモメールアドレス)とiモードメールアドレスとのアドレス交換とか必要なケースが生じるので、以下のブックマークをホーム画面に設置してdocomo関係まとめたフォルダに入れました。
お客様サポート
http://smt.docomo.ne.jp/portal/support/src/support_index.html

迷惑メール対策などメール設定全般
https://spmode.smt.docomo.ne.jp/mail_setting/

ドコモのメアドの入れ替え
https://www.mydocomo.com/dcm/dfw/settings/myd/cgi/spmlstconf

ドコモメール(ブラウザ版)
https://mail.smt.docomo.ne.jp

さて、これで赴任先から帰宅した時に娘のiPhoneに設定する下準備は完了です。
貰った iPhone4sのSIMロック解除用アダプター(いわゆるゲタ)はキャリア不明だったので、SoftBank/au両方に対応してたGPPを970円で購入し、送りました。しつこく注意事項説明あるURLを送ったのが奏功したらしく、500円SIMで電波を掴みました。(SMSオプションないのでアンテナ表示は空白でしたが、翌日に家を出たら電波を掴んでいたようです)

高校生同士の移譲でしたので、iOSデバイスを手渡す時にやらなければいけないApple ID とデバイスのリンクを切り離しできていない点があり、譲り主もパスを忘れている(記憶していたパスでは間違い)ではあったものの、iPhoneを探す 設定はおふだったので、そこはなんとかなりました。
古い持ち主の設定痕跡を消せたので、先に自分のiPadで行った手順を実施。もちろん最初はiPhoneなりすましで進めなくて、あらためてopera:configure で costom User-Agent を iPadに戻して無事に設定終了です。
マルチデバイス設定プロファイルは、iPhoneからの場合にはダウンロードできないので、Android上のWiFiアクセスしたiPadなりましoperaにてダウンロード(保存先はSDメモリ上)、その設定ファイルをSDメモリ経由でPCからメール添付にて送信。それをクリックして警告無視でインストール完了しました。もちろん、この場合は設定プロファイルの再転送が困難ですので、メアドを入れ替えて二種類を転送しておき、切り替えて再設定可能にしておきます。

結果、au版iPhone 4s で、docomo系3G SIM(月額507円)使用のメールアクセスパケットゼロ円の環境ができあがりました。

ちなみに、私のも娘のも、設定で消費したパケット代は約3千円。
娘にはこんな設定にお金かけすぎ、やってもらわなくても良かったと言われてちと凹みましたが。 苦笑

なお、キャリアメールと他のISP(プロバイダ)経由のメールでの文字化けパターンを十数通り試しましたが、iモードメールのドコモ絵文字を完全に再現できたのは、次の3つ。
iモードメール → web版Gmail/ Y!mail / docomo mail)
c0062295_23475418.jpgc0062295_23482095.jpgc0062295_23484274.jpg


iOS標準メールappでは、例えばそのままiモードメールで絵文字を投げると、いわゆるトーフと化します。
ですが、 ブラウザ版メーラーで受信したメールの転送を、標準メールで見るとそれなりに許せる範囲で見ることができるんです。また唯一ドコモメールアカウントだけは同様に救われます。仕上がりはびみょおなんですけども。。
c0062295_0183832.jpg

両者の中間となったのは、web版outlook.com でのメール受信です。
iOSの絵文字に変換しつつ、メタタグは豆腐文字にして表示。
この実装もそう悪くないと(個人的には)思いました。
c0062295_10163885.jpg

[PR]
by bucmacoto | 2014-11-28 22:39 | &Tips;&code;
子ガモも生まれて >>
子ガモも生まれて >>